2007年02月24日

見る人は見ている

恐ろしいほど暖かい日が続いています。いつもならば、上着のTシャツを2枚重ねにし、下着にパッチ着て仕事してます。外の仕事はこれくらいしないと冬は無事に越せませんし、体を大事にしないと、気を緩めた瞬間すぐに体崩しちゃいます。今やそれがウソのような気温でビックリしてます。なので2枚重ねやパッチを履いたりということは最近してません。暖房すら付けてませんからね…変な気候です。

最近、ふと思ったりすることなのですが、周りを見てみると何やらおかしいことに気が付きます。
いつもなら、気が付いたところでわたしが率先して行おうとする事が、仕事中殆ど無くなっていることに気が付きました。
以前なら、電話でも誰も出ないなんてこともあり、わたしがしばしば出て対応したりしていましたが、最近では内務をはじめ多くの方が電話の対応に率先して出るようになりましたし、些細な事案もちゃんとフォローして下さる方も増えてきました。
それだけではなく、少々仕事量が多くなろうとも一人で「大丈夫です」と胸を張りこなしてきたのですが、事前にそれを知っている方が居るとその方が半分くらい遣ってくださり、仕事量が多くなることも少なくなりました。

今までそんなこと無かったのに…とずっと思っていたある夜勤の日のこと。
職場に誰も帰ってこず、わたしだけが帰ってきて次の段取りを行う時に、帰ってこない人の分を助太刀してなるべく遅くなって帰ってきても負担にならないようにしようと余計分背負って出発したのですが、逆にそれで時間を掛けることになり、皆よりも一番遅く帰ってきてしまったことがありました。余裕で出たはずなのに、やはり自分は段取りも悪いし時間配分もうまい具合に計れない人間なんだなぁと落ち込んで戻ってきたところ、みんな帰らずに待っていてくれて、口々に「ご苦労様。ありがとう」と言って下さいました。何も伝えていないし、勝手な行動してしまったのに…です。
いつも思うのですが、出来ると思う仕事量なんて未だに把握できないダメな奴なんですよ自分は。ある人に話の合間に「みんなお前のこと見てああなったんとちゃうか」なんて事をフッと言われた時に、瞬時「あぁ、この人達に信頼されているんだなぁ」と自然に思えました。正直涙が溢れるほど嬉しかったのを覚えてます。最近いつもこう思えて嬉しいし、そのたびにこの職場にいることに幸せであることを感じてます。結局は甘えになっちゃってるんだろうけれども、自分の存在価値を試したくなるというところで見てしまう部分が結構あったりするので、こういう時にこう思うんです。
見る人は見ていてくれる

仕事に携わっているうちは、これを常に思いながらやらないといけないな…と日々感じています。


タグ:仕事 感受性
posted by T.Kiyomizu at 18:00 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフワークス
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

ひとつの指でも欠ければ大変

先週のこのコーナーで、ラックを作る際誤って中指をカッターで切っちゃったとあります。
その後なんですが…いやぁ、大変でした。
たった一本の指だから、最初は「大したこと無い、乗り切れるわ」とタカをくくっていた訳です。
ところが、実際仕事に出てみると、意外なところで様々な弊害が出てきましたね。
まず、力が入らないこと。100%のところが7,80%くらいしか入らなかったり、動作が鈍くなったりするんですね。ポケットリーダーを取り出すにも、左の腰から取り出さなきゃならないので、いつもなら左手でスッと取れるはずが、中指が邪魔をしてうまく取りづらい。寒い中、左手の中指はずっと立ったままなんですねぇ…。
そして、余計なところで力が入りすぎたり、庇いすぎたりすること。余りにも気にしすぎるとかえって大変な目に遭います。左手気にしすぎたあまりに右足が躓くなんてのは例外でしょうけど。

しかし、仕事は仕事。正直この指のせいにはしたくありません。それでも、普通思っているよりも時間はどんどん過ぎて行き、結局時間までに帰ってこられなかった悔しさが残りました。あと苦情とか仕事のミスも重なり、心配する同僚に「こりゃあスランプだよ、久々のぉ」なんて言って誤魔化してましたが、相当応えました。
次の日は指を気にせず仕事に集中し、積極的に動きました。先輩方の協力もあってか、満足のいく仕事に、昨日を振り返ってたら涙が出そうになったものです。

今は普通に指は動かせますし、普通に使えます。
教訓としては、ひとつの指でも動かせなくなったら大変だということ。
自分自身のことでもあるし、チームとして考えても相当するでしょう。チームでも一人欠ければそれを補おうと誰かが大変な目に遭うわけですし、他の者も一人分以上の仕事をこなさなきゃならない。
それ考えたら、「今日はしんどいし仕事休もう」なんて安直な思いは出てこないでしょ。欠けた部分が指のように、うまく動かなくなってしまうのは目に見えてます。しかし、企業としてはお客様にNOは言えない…結局は無理をしてでもやるしかないんです。
わたしは年末年始、職員一人減で乗り越えましたが、ギリギリでした。お互い様で仕方のないこととは言え、こういうコトはもう起こらないで欲しいと願ってます。絶対誰か倒れる寸前だったんだから…
休みは、しっかり取りましょう。ただし、体調は整えた上で、仕事に集中して臨みましょう。

出来ないと思わずに、前向きに。
今は大変だろうけど、いつかきっと自分に分かる時が来るはずだから…
タグ:中指 仕事
posted by T.Kiyomizu at 21:00 | 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフワークス
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

コミュニケーションこそ仕事の醍醐味

さて、いきなりですが緊急事態です。
先ほど、100円ショップで買ってきたラックを作るためのいくつかのモノを組み立てておりました。
ん?支柱に結束バンドがこれでもか!?とばかりキチキチに巻き付いているではありませんか。
隙間もないくらいにびっちり巻き付けてくれているので、当然手だけでは取れません。
それでは…と、はさみを取り出して切ろうにも、隙間がないから中に入らない。
なぬぅ、それでは…と、今度はカッターナイフを取り出してきましたよ。これが最悪の事態を招くことに。
カッターをその結束バンドに当てて、切ろうにもさすがは結束バンド、堅い堅い。思いっきりブチッと切ったならば、「ん、なんか指先が熱いかも…」
見たらまぁどうですか!?
左手人差し指、流血!!!!
しかもこれが止まらない!!
これはなまらまずい!!と、しゃぶるにも止まらない。
それならと、蛇口から水を出して洗うにも、どうにも止まらない。
仕方なく、ありったけのガーゼを取り出し、マキロンをそのガーゼに染みこませ、血を洗っては替え、その繰り返し。
5分ほどたっても止まらなかった時にはもう愕然としましたが、その後くらいにはようやく治まってきましたよ。今もジンジンしますが、これってひょっとして病院行った方が良いのかな

そのためか、今もこうやって打ち込んでおりますが、中指は結構使うなぁ〜と実感しております。今はギブスみたく固めているので、中指以外の指を使ってますが、コレがまた辛い…。逆に中指に力入ってないかな?と心配になるくらい。

明日明後日はお仕事でございますからに、皆さん良い週末を。
この指さえ何とかなれば、仕事はこなせますから。

さて話はずれましたが…
posted by T.Kiyomizu at 21:57 | 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフワークス
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

今の仕事に満足してますか?

今日は2月3日ということで、節分でございます。
昨日は滋賀でもやっとこさ大雪が降りまして、今朝なんぞ出勤の際に車を動かそうものなら、全体が凍り付いてましたから…

土曜日ということで、日々の仕事や生活に関する内容を書けとのことなので書きます…

そう、わたしもそうなんでうsが、今の仕事に満足してますか?
わたしの仕事は、ホームページのプロフィールなんぞ観て頂ければおわかりの通りなので、敢えて
赤カブに乗ってまごころを運ぶ仕事…

奇麗過ぎるなぁ。
でもね、誇りに思うんですよ。自分で言うのも何ですが、人に「ありがとう」と言われるような仕事ってものが。
大抵の方が恐れられるのは、多分お客さんに直に会うということで何を言われるか分からない…もし怒られたらどうしようなどという恐怖心でしょう。
わたしの場合は逆でした。
郵便の仕事はみんなに認められているのだから大丈夫だ、な〜んて胸張って配達に出てみたら…
面と向かって怒られるわ、嫌みは言われるわ、トラックに煽られるわ、テレビでも「怒りの御三家」と貶されるわ囃し立てられるわで、現実は酷いモンでした。
ちなみに、アルバイトの頃のお話ですが、誤配達をして謝りに行った家で、その家主の方が側にあったドブに郵便物を放り投げ「そら拾え!」と言われ、泣きながらドブを浚いながら郵便物を拾い、洗って乾かした記憶があります。
ドブに落とした家主なんて酷い方だなんて思われるでしょうが、本来ならばそこに誤配達しなければ、こういう事態を招かずに済んだはず…と省みた時、わたしはその後絶対に他人様に間違って配達しないようにと心がけながら今も気を配って配達しています。あの事がなければ、ひょっとすれば誤配達があっても何食わぬ顔で配達を続けるお調子者になっていたかも知れませんから。それに、そこから「なにクソッ!!」と立ち向かう勇気が生まれたような気もします。

裏話は色々ありますが、様々な出来事があって、わたしは今の仕事に満足しています。
例え、民営化になろうとも、会社が潰れる限りは職務を全うしたいな…と考えています。そんなに甘くないとは思いますが、好きで選んだ仕事ですから。

しかしながら、他の方の仕事を指さして「いいよなぁ、あんな仕事は楽でいいから」なんて軽はずみな発言は辞めて欲しい。それは、逆に言えばあなた自身が今行っている仕事そのものを満足していないと認めていることに等しいのですから。


あなたは、今の仕事に満足していますか?
満足していないと感じるなら、何が足りないのか、入社当時を振り返ってみて考えてみればいかがかと。
転職というのもアリでしょうが、わたしはお薦めできません。就職とはそんなに軽はずみで出来るものではないはずと感じていますから。
出来ることなら、全うしてみてはいかがでしょうか。息苦しかったら、休憩したりして。

どうしようもないような時は、心の中で歌ってます。年末年始はこれで乗り切れました。
世界中を 僕らの涙で埋め尽くして
やりきれないこんな思いが 今日の雨を降らせても
新しいこの朝がいつものように始まる
そんな風に僕は生きたいんだ 生きていきたいんだ
(♪1/6の夢旅人 樋口了一)
 
posted by T.Kiyomizu at 21:37 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフワークス
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。