2009年07月04日

【サウリコ強化月間】アヴァンティからセレクトアルバムをリコメンド

20090704rosso.jpg20090704verde.jpg


以前からよく聞いているFMの番組で、土曜日の夕方と言えば「アヴァンティ」っていう人がいたので、試しに聞いてみたらこれがまた面白いこと。
ついつい聞き入ってしまいます。
わたくしはバーなんてあんまり行った事はないんですが、サントリーの「BAR−NAVI」を見ていたら、都心でもそんなに高くない値段設定で色んなお酒が飲めるバーがかなり多い事を知りました。
最近ジャズファンクにはまっているんですが、たまにはこういうお酒に合うスタイルのジャズを聴くのもいいかなぁと思います。
それが、この番組「アヴァンティ」だったりしますが。

で、いつの間にかそのアヴァンティのバーテンダー・スタンがチョイスしたアルバムが2本も出ちゃっている事をつい最近知りました。
全てアヴァンティで掛かっていたジャズスタンダードで、スタンが好きなんでしょうか、ボーカル曲が殆どという選りすぐり。
「ロッソ」と「ヴェルデ」に分けられている理由は、単にリリースされているレコード会社が違うと言うだけ…なんでしょうか?
(ロッソ=ソニーミュージック,ヴェルデ=ユニヴァーサル・ミュージック)

とは言え、選ばれたアーティスト陣も強者揃いでございます。
「ロッソ」では「Show Me」のアンディ・ウイリアムズなど、ドリス・デイなんかは2曲もリコメンドされております。
「ヴェルデ」はあんまり知っているアーティストは居ませんでしたが、「Teach Me Tonight / Sammy Davis-Count Basie」は良い曲に思えました。

他にもアルバムが2枚、そしてカクテル本が2冊出されているそうです。ま、まずは番組をお聞きになって、お気に召しましたらWebを見て頂いて、さらに気に入りましたらわたくしのようにご購入なさってみては如何でしょうか。
ちなみに元麻布にはアヴァンティは無い…と思います。多分。
あってほしいんですけどねぇ、だいたい麻布をどこか知らないんですから、わたくし。





Suntory SaturdayWaitingBar "AVANTI"
 ▼全国JFN系列放送 毎週土曜日 午後5時〜
 (Air−G(北海道),E−radio(滋賀)など、放送地域はTFMHPでご確認を)
 ■公式Webサイト



【曲目一覧】


posted by T.Kiyomizu at 19:10 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サウンドリコメンド
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

【サウリコ強調月間SP】Superfly/My Best Of My Life +α


昨年のデビュー曲「愛を込めて花束を」から出会い、久々にパワフルな女性シンガーを見つけたと心躍らされていた時が懐かしいですねぇ。
あれから1年ですか…
確か、「愛を込めて〜」はTBSドラマ「エジソンの母」のテーマ曲で、あのドラマも少し面白くて毎週観ておりました。
その後アルバム「Superfly」を出し、1曲目「Hi−Five」の強烈なパンチに驚いたものです。
そうそう、毎朝「めざましテレビ」でいつの間にか天気予報の際に流れてた曲がSuperflyだったのも最近知りました。

そんなSuperflyが再びドラマ主題歌に打って出たのはつい最近(というか今年の4月から)。
御存知の方は御存知、フジテレビ系木曜劇場「BOSS」のテーマ曲及びオープニング曲を手がけております。
テーマ曲の方は、上のYouTubeのムービーで挙げている「MyBestOfMyLife」という曲でございます。
聴いてお分かりの通り、バラードですけど、力強いバラード。
そういや昔、こんなサウンドあったよなぁ…と思ったけど、ビートルズくらいかな?
でも「Yesterday」みたく暗くはないんで(いや、他にも楽しい曲はありますが、念のため)、それを越えてしまっているのかも…と思ったり。
曲の中には女性は勿論、多くの人に夢と希望を与えているような詩に仕上がっていて大変よろしい内容かと思います。
何よりも前向きな曲がわたくしは大好きです。
やはりサビの部分が集約されていることもありますが、Superflyの場合は歌詞全体を見ても勇気づけられることがあるので、そこんところが私的に彼女を買う部分なのかも知れませんね。
世界的にもロックシーンがちょっと元気のない中、彼女のように元気な歌声を聞けるのはウレシイ限りです。
いや、逆に言えば、楽しんでるのかな?
YouTubeのコメント欄を見ていても、多くの方が「Superflyの場合楽しんで歌を歌っている」と仰ってます。
いや、多分どころか絶対そうでしょ。
以前に「僕らの音楽」という番組でカバー曲を歌っていた時のSuperflyは驚かされました。
どこでも通用してしまうんかい!?って。

いやはや、通用しますね。
これはさすがに聴いてて鳥肌が立ちました。


【いやいや、「Alright!!」はさらに鳥肌たちますよぉ!!】
posted by T.Kiyomizu at 18:00 | 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | サウンドリコメンド
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

【サウリコ強調月間SP】樋口了一/手紙〜親愛なる子供たちへ〜



樋口了一と言えば、多くの方が「どうでしょうさんの主題曲」を挙げられるでしょう。
’93年にデビューシングルを出されてから、その道を変えることなく突き進んだ樋口了一の真骨頂。
リコメンドするのが遅すぎるくらいですが、最初、CDを購入して、曲を聴く前にライナーノートを見て涙が溢れるなんていう曲を、わたくしは今まで経験がございません。
まず、歌詞に泣き、そして唄に泣きました。

ただ、わたくしは介護という苦しく辛い現状を味わった経験がありません。

それ故に、実際経験されている方々からは「甘い」「ヘドが出る」などと言った指摘も見てきました。
確かに、実際に介護をしていない者が、この歌をただ単に聴いて感動するなんて、当事者にとっては浅はかな感動かも知れません。
ただ、リスナーとしては、一つのドラマとして見ているだけに過ぎません。
それも、一部分ととられても仕方ないでしょうが。
それと、実際の介護の現状を笑っているような唄には到底思いつかないのも事実。
それは、この曲は子供たちに宛てた親からの手紙であるからなのです。



この曲も、多くのメディアに取り上げられる事によって飛躍的に売上を伸ばしたと同時に、多くの方にこの唄を聞くキッカケになったと思います。
同時に、子供として親にどう接すればいいかを考えさせてくれるキッカケにもさせてくださいました。
わたくしも、どのような結末になろうとも、めげずに前向きに生きていきたいと思います。
決して、現実に悲しみ続けることの無いように。

樋口さんには本当に頭が下がります、才能があります。
勇気づけたり感動させたり…最高のアーティストでございます。

(日記も見たら結構考えさせられるかも…
 「樋口了一OfficialWebsite



【歌詞全文】
posted by T.Kiyomizu at 12:00 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サウンドリコメンド
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

【サウリコ強調月間SP】チョイ悪オヤジの「月曜どうだろう」

わたくしの知っている方で、自分の事を「チョイ悪オヤジ」っていう人が居るんですけどね。
わたくしは最初「そんなバカなぁ」と思ってたし、そもそもチョイ悪オヤジって何だよ?って思ってました。
ま、声は渋めの低音で、ずいぶんおヒゲを蓄えて…
そうそう、どうでしょうさんで言う藤村忠寿ディレクターを思い起こせばいいんですよ(あほ)。
あの人もかなりのワルですから(苦笑)。
良く聴くFM(αステーション[FM京都])で朝の番組にてお馴染みの佐藤弘樹さんなんかも、自ら「チョイ悪オヤジ」と銘打っております(あ、もう一人居たなぁ…)


でも、音楽で聴く「チョイ悪オヤジ」とは…

(答えが早速見つかっちゃいました。)
posted by T.Kiyomizu at 19:00 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サウンドリコメンド
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

汚れた英雄

ま、とりあえずサビまで聞けば、分かる人には分かります。



これを聞いて「!」と同時に効果音「コンッ」ってのが聞こえたら、間違いなくお友達です。
草刈正雄主演のバイクレーサー映画なんですが、曲自体がかなり良い感じで驚きました。
そもそも何で今!?なんですが、たまたまTSUTAYAに行ってこのアルバムを見つけたのがそもそものキッカケなんです。



たまたま真ん中の曲名に「汚れた英雄」って書いていたので、ひょっとして…と思って聞いたらですな、バッチリあの曲じゃないですか!?

峠に差し掛かった時に、カブに乗る大泉先生が

「ここで『汚れた英雄』だよぉ」

って言ってから、カーブに差し掛かる当たりで歌が流れるっていうアレです。

で、この歌の正式名称は汚れたい英雄ではなく(そりゃあ映画のタイトルですからねぇ)、

CD「Riding High」 ♪ローズマリー・バトラー)

です。
歌ってらっしゃるローズマリー・バトラーは同じく角川映画のアニメ主題歌も歌っていて、そっちの方がどちらかと言うと人気っぽいです。
しかしながら、秘蔵映像を見続けていると、多くの方がこの曲に感銘をされていて、改めて良い曲だってことを感じました。
そりゃそうだ、かなり懐かしいメロディーですからね。それに出だしから良いですよこれ。

というわけで、勿論『【保存版】「水曜どうでしょう」サウンドリコメンド』にも追記!!
ひょっとしたら、この当時の曲って名曲が多いかも知れませんねぇ。
出そうと思いながらもなかなか出せなかった(というか、思い出せなかった)価値のある名曲でした。

(※保存版の方では「夜のヒットスタジオ」のライブ映像も載せております。こちらはかなりのアップテンポで楽しめますよぉ〜)
posted by T.Kiyomizu at 22:41 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サウンドリコメンド
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

題名のない音楽会「日本吹奏楽の歴史(2)人気曲ベスト10」onABCさん

20090517_sound1.jpg


毎週日曜の朝9時からテレビ朝日系列で放送している音楽番組「題名のない音楽会」。
前回の吹奏楽コンクール課題曲特集に引き続き、今週は吹奏楽の人気曲ベスト10です。
番組のブログも早速山ほどのコメントが寄せられるほど、さすがブラバン経験人口1/100と言われるだけの由縁を感じさせられました。

視聴者から先んじてWEB上にて投票を行い、ベスト10という形で紹介が行われました。
ベスト5の結果はこちら。

第5位  風紋  (作曲 : 保科洋)

第4位  吹奏楽のための「風之舞」  (作曲 : 福田洋介)

第3位  アルメニアンダンスパートI  (作曲 : アルフレッド・リード)

第2位  アルヴァマー序曲  (作曲 : ジェームス・バーンズ)

第1位  ディスコ・キッド  (作曲 : 東海林 修)


何とまぁ、コンクール課題曲が3曲もランクイン。
「アルメニアンダンス」「アルヴァマー序曲」とも、演奏経験のある曲で何よりです。特にJバーンズの曲は吹奏楽の登竜門とも言える曲で、必ずどこかで聞くくらいの名曲。数年前「ソフ●ップ」でもBGMで流れておりました。
ただ、お恥ずかしながら、第1位の「ディスコ・キッド」は存じませんでした。ファンクラブもあるくらいと聞き、かなりの名曲と知りましたが…、何分にも中学にはいる時既に10年以上前の曲なので、当時は愚か、今に至るまで知り得ませんでしたねぇ。
「ディスコ・キッド」曲自体がダンス曲…というよりかは、ポップスマーチっぽいイメージです。
吹奏楽コンクールの課題曲は10年に1度くらいこういう異彩が出てくるので楽しいですね。

【ではお待たせ。わたくしの吹奏楽ベスト5】
posted by T.Kiyomizu at 12:46 | 滋賀 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | サウンドリコメンド
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

題名のない音楽会「日本吹奏楽の歴史(1)課題曲の変遷」onABCさん

20090517_sound1.jpg

毎週日曜の朝9時からテレビ朝日系列で放送している音楽番組「題名のない音楽会」。
たまたま先週見ておりましたら、今週は吹奏楽特集を行うってなモンで、元ブラバン部員としては見逃すわけに行くまいと、生チェックをしておりました。
BSの方では昨晩先行放送しておったのですが、新インフルの疑いがあったため実家にも帰れず(でも別のインフルで、本日回復しました☆)。

まず最初は、毎年夏に行われる「吹奏楽コンクール」の醍醐味・課題曲の変わり様をざっくり紹介。
コンクールが開催された当初は海外の作曲家による課題曲というイメージが強かったのですが、やはりそんな感じで、オリンピックを切欠に課題曲も変わっていったようですねぇ。
昔はどうあれ、課題曲はA〜D(年によってEが出現する時もあり)に分かれ、アルファベット事に難易度が分かれるような感じでしたが、昔はどうだったのだか…
私的には”A”が上級編「大学・一般向け」,”B”が卓越編「職業・一般・音楽科校向け」,”C”が中級編でDよりもやや上の難易度,そして”D”が初級編。Dが主にマーチとなっています。
しかし、何の因果か、年度によってたま〜に、A〜D全てマーチになってしまったり、Cが超難易度となる時もあり、選考方法は非常に微妙で決まってはいないようです。
昭和50年代頃までは、何が何だかさっぱり分かりませんでしたが、岩井直溥氏の登場で何となく親しみやすい感じに課題曲も進化していくのが分かります。
今回紹介された作品は
■1956年度(第4回)
 「エル・キャピタン」より       作曲: J.P.スーザ
■1964年度(第12回)
 バンドのための楽章「若人の歌」より  作曲: 兼田 敏
■1970年度(第18回)
 「音楽祭のプレリュード」より     作曲: A.リード
■1974年度(第22回)
 「高度な技術への指標」より      作曲: 河辺 公一
■1976年度(第24回)
 ポップス描写曲「メインストリートで」 作曲: 岩井 直溥
■1982年度(第30回)
 吹奏楽のための「深層の祭」      作曲: 三善 晃

で、戦前にも数回行われていたようですが、恐らくご想像通り軍歌系の課題曲てんこ盛りだったようでして、中には「君が代」が課題曲となっていた年もあったようです。
番組内では、あのにこやか声で大正琴を奏でる山崎バニラや、今や吹奏楽界でこの方を外しては語れない「マルちゃん」こと淀川工業高校吹奏楽顧問・丸谷明夫先生がご出演。御歳85歳にもなられる岩井直溥氏ご出演には驚きました!!

この中でわたくしが知っている曲と言えば、一番身近な「深層の祭」と「音楽祭のプレリュード」のみでした。ま、流れを紹介するんですから、仕方ないかなぁと。

何で70年度の曲を知ってるか?って……
posted by T.Kiyomizu at 10:58 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サウンドリコメンド
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

スキマスイッチ 「虹のレシピ/雫」

0-20090516_sound1.jpgスキマスイッチ

虹のレシピ

2009.05.20 on Release!!
BMG JAPAN Inc.
AUCK19052
(DVD付限定版有)

1. 虹のレシピ
(テレビ東京系「JAPAN COUNTDOWN」5月度オープニングテーマ)
2. 雫
(NHK教育テレビアニメ「獣の奏者エリン」オープニングテーマ)
3. Aアングル
4. 虹のレシピ


【T.Kiyomizuレビュー】
posted by T.Kiyomizu at 20:50 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サウンドリコメンド
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

「少女A」に対抗した歌が存在した!?


「少女A」ってのは中森明菜の名曲ですけれど、あの時代に対抗してリリースする度胸があるとは思えませんでしたわ。

そもそもこの時代(80年代)は最近面白半分で囓った程度なので、結構色んな歌がありますねぇ。
昨日、久々に「HEY!HEY!HEY!」を見ていたら、この「少女A」に対抗して「熟女B」たるタイトルがあるんだとか。
それを聞き、探してみたら……


ありましたわ。

見るのはいいけど、覚悟の程を。
posted by T.Kiyomizu at 02:00 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サウンドリコメンド
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

【保存版】「水曜どうでしょう」サウンドリコメンド

本日配信された水尾。さまの記事に便乗する形でお送りする、今までエントリーしようと思いつつ出来なかったこのコーナー。
一応、【永久保存版】です。

さて、我が愛車・デュアリスくんにはCDはもちろんのこと、HDDやSDカードに加えてUSBフラッシュメモリやiPod、さらにはBluetoothを回して携帯音楽を再生できるという凄ワザを沢山持ち合わせております。
その中に、今年初旬に日ス輪ドライブオフ会で水尾。さまに頂いた『水尾。ベストセレクション「水曜どうでしょう」』から、水曜どうでしょうで使われていたBGMを、出来る限り集めて放りこんでいるフォルダがあります。
今回は、水尾。さまのデータ「『水曜どうでしょう』を彩る名曲たち」を合わせ、さらにこちらで地道に集めた音源をご紹介いたします。

まずは、水尾。さまに頂いたデータ一覧(ここから拝借)。

水尾。謹製「どうでしょうCD」曲目

01.How do you like wednesday?
 [水曜どうでしょうオープニング曲]
02.ガメラ出現
 [企画日時場所テロップ場面]
03.自動車ショー歌 / 小林旭
04.アキラのジーンときちゃうぜ / 小林旭
05.シベリア鉄道 / 小林旭
 [以上3曲「対決列島」移動車中で流れた曲]
06.俺たちの旅 / 小椋佳 (ありがとう安田顕)
 [「対決列島」岩手牛乳対決で最高に悲しい顔の安田顕テーマ曲]
07.恋人よ / 五輪真弓 (ニャンです)
 [「ベトナム縦断」でガイドのニャンさんが唯一知っていた日本の歌謡曲]
08.ギャオス逃げ去る
 [予告編に度々流れていたBGM]
09.菊下楼 (シェフ大泉)
 [シェフ大泉のテーマ]
10.プロスペローのマジック (フィヨルドの恋人)
 [「ヨーロッパリベンジ」でプチドラマを制作。そのテーマ曲]
11.1/6の夢旅人 / 樋口了一
 [最初のどうでしょうテーマ曲。後に↓曲の問題で使われなくなる]
12.always / V6(20th Century)
 ※樋口了一さんが「1/6の夢旅人」のメロディーをそっくりそのまま提供しちゃったいわくつきの曲(その結果生まれたのが「1/6の夢旅人2002」)
13.Anniversary song / 樋口了一
 [「サイコロ3」で大泉洋がレコーディングルームで歌った曲]
14.本日のスープ / 大泉洋 with STARDUT REVUE
 [道民が固唾を飲んで見守った大ヒット曲]
15.川 / In the Soup 
 [四国88Rやユーコン川のテーマ曲]
16.ナックスハリケーン / TEAM★NACS
 [大泉洋作詞という曰く付きの曲]
17.あの透明感と少年 / monobright
 [映画「アフタースクール」のテーマ曲]
18.Awaking Emotion 8/5 / ウエンツ瑛士 (ゲゲゲの鬼太郎)
19.風立ちぬ / 中村中 (ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌)
20.「暴れん坊ママ」メインテーマ
 [上3曲、大泉洋出演作品映画及びドラマ]
21.TOKIMEKI☆DooBeeDoo / e2(WaT) (日ス輪公式テーマソング)


で、
今のわたくしのフォルダには、これ以外のBGMが入っております。

その全貌をお見せしよう♪
posted by T.Kiyomizu at 23:24 | 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | サウンドリコメンド
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。