2009年02月13日

デュアリスくんと、城崎へ−第2章−

20090210kino02.jpg
20090210kino03.jpg
[↑福知山駅は表側(北口)が工事中という異例の事態に…]

2009年 2月10日
午後2時30分
JR福知山駅前


京都府中部に位置する丹波から国道27号線を直走り、後ろから変な厳ついクルマを回避しようと、和知からこれまたおにゅうな高速道路「京都縦貫道」の和知ICに入線。
ところが、その厳ついクルマも引っ付いてきやがった…!!
えぇい、ETC突破したら絶対に追い抜けねぇんだぞぉ!!
と、ややスピードをわざと落としてしっかり20km/hでETCを無事に突破。

……おや?
後ろから来る気配もないので、一瞬「?」が頭の上を浮かび、バックミラーを見る。
あ゛……
バーに正面衝突しやがった!!

今までデュアリスくんのケツをこれでもかと追いかけ回っていた厳ついクルマにETCが天罰を!!(苦笑)
恐らく、カードを入れ忘れていたか、はたまた追い付きすぎて搭載機がエラーを起こしたか、そもそもETC搭載していないDQN車だったか。
どちらにせよ、ざまみろと笑い飛ばして、颯爽とデュアリスくんは一気に福知山に到達。
ところが、福知山駅に着いた途端に思い切りの良い土砂降り。
市営駐車場にデュアリスくんを駐車したものの、傘のないわたくしは途方に暮れておりました。
しかし、ここに神降臨!!

20090210kino05.jpg
[↑市営駐車場の一角に、貸し傘が!!ありがたやありがたや…]
助かりました…

20090210kino04.jpg
[↑デュアリスくんを置いて、さてどこ行こう]
そもそも、何で福知山駅にデュアリスくんを置いたのか。
実は、日ス輪でお世話になってるまっすーさまより、福知山駅前にひっくり返らないとんこつラーメン店があるというエントリーを読み、店の名前と駅前であると言うことだけを頼りに来てしまったわけです。
で、最初にリンクしていた紹介記事には「駐車場無し」って書いていたので、「ま、駅前だし仕方ないわな」と思いながら駅前に駐車して歩いているわけです。
当然、迷いまくり。
アーケードの無い商店街を傘をさしつつてくてく歩き、「たしか『さとう』っていうスーパーの近くだったよな」と側を歩き、もう一つ向こうの通りを振り返っても見つからない。

もうダメか…そう思った瞬間に?


posted by T.Kiyomizu at 19:00 | 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金曜どないやねん
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

デュアリスくんと、城崎へ−第1章−

20090210kino01.jpg

――これは、ふと思い立った計画を元に実行された
  ある男とあるクルマのお話である

ふと、城崎温泉方面へ旅をしたくなりまして。
城崎へは、昨年夏に企画でふらっと旅して以来ということになります。
普段ならよく参っていたんですが…

さて、滋賀から城崎へ行くには、大きく分けて2つのルートがございます。
一つは『京都ルート』。
京都から国道9号に乗って向かうもの。
そして、もう一つは『日本海ルート』。
若狭・舞鶴経由でやや日本海を伝うもの。
細かく分けると、まだまだ幾つもルートがあるんですけどね。
そこで、わたくしはいつも通り、この2つのルートを、行きは京都ルート、帰りは日本海ルートに分けて通る事に決め、クルマを走らせることに。
相棒・デュアリスくんは先週洗車したばかり。
だったのが…
前の日雨に降られてしまい、さらに分が悪いことに向かう日本海側は未だ時雨れているとか。
この時期の雨は砂を含んでいるので、雨が残ると汚れてしまいます。
そうやって何回も洗車していたらキリがない。

いつも通り走っていると、途中で交通情報を確認。
すると、どうやら五条大橋が工事中の関係でかなり渋滞しているとか。
国道1号は使えないなぁ…。
最悪、京滋バイパス経由で向かおうかと思っておりましたが、ふとナビを見ると、見慣れない有料道路がちょろっと。
しかも、その五条大橋を見事にパスできるルートに。
その名も『阪神高速京都線』。
んんっ??阪神高速なのに、京都にも高速道路……?
正直、これを知るまでは、京都南部に阪神高速が誕生したことは知りませんでしたし、まさか山科−伏見間にトンネルが出来たなんて知るはずもありません。
しかも、中途半端に山抜けた住宅地で終了なんて…。
伏見側は着々と工事は進んでいて、近い将来これらが繋がって京滋バイパスや第二京阪道路に行き来できるようです。
じゃじゃじゃあ、そのトンネルに行ってみようじゃあありませんか?

てなわけで、最初は稲荷山トンネルを走破!
posted by T.Kiyomizu at 22:35 | 滋賀 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 金曜どないやねん
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

デュアリスくんと、東京へ−最終章−

20090126eno01
[↑これだけじゃあどこの画か分からねぇや……]
(一応、片瀬海岸前の国道134号通りです)
2009年 1月27日
午後4時
神奈川県藤沢市
江ノ島へ向かう

少し遅めの食事を終え、少し風の強まってきた湘南海岸から、一行は江ノ島に向かうことにしました。

20090126eno02
[↑国道から観た江ノ島]

20090126eno03
[↑ハイハイ。言わなくても立派な「名勝」ですって]

20090126eno04
[↑江ノ島大橋から観た富士山。うっすらと…]

20090126eno05
[↑間もなく江ノ島…。波しぶきが凄かった!]

20090126eno06
[↑江島神社に向かう参道沿いにはお土産やさんが軒を連ねておりました]
ちなみにしらすはここでGetいたしました。

20090126eno07
[↑江島神社の門? 珍しい構えですなぁ…]

ここ、江ノ島には信じがたい乗り物があるんですがね。
知ってる方は知っている「エスカー」っていう乗り物。
まぁ、身近に言うと「エスカレーター」そのものなんですが、何でもこのエスカーは「金払え」というエスカレーターでございまして、若い我々は「そんなもん無くても登れるわい」とばかり、石の階段で上ることにいたしました。関西じゃあ絶対にあり得ない有料乗り物ですなぁ。だって阪急梅田の高架下にある「動く歩道」を有料化したようなものですからなぁ。

20090126eno08
[↑江島神社の境内にあった輪っか(笑)これを潜るといいそうな]

そうそう、江島神社に入る前に、水で身を清めようとしたんです。
するとですな、

☆バチッ!!☆

と音がして手がしびれたわけですわ。
えぇ、わたくしは生粋の”静電気持ち”で知られておるもんですから、ことのほかこの冬になると電気を発するわけです。
しかし、何でこんなところで電気を誘発する必要があるのか……?
はたまた、江島神社のお怒りか、門前払いを喰らわれたのか??
……その後、通販で「静電気除去腕輪」を購入したのは言うまでもありません。

20090126eno09
[↑江島神社から望む片瀬海岸と街の風景。もう夕暮れかぁ…]

20090126eno10
[↑江島神社から稲村ヶ崎を望む]

20090126eno11
[↑また少し登ります。頂上までもう少し]

20090126eno12
[↑江ノ島ほぼ頂上から撮った夕焼け。こんなに奇麗に撮れる夕陽も珍しい!!]

20090126eno13
[↑もうすっかり日が暮れてしまった富士山。やはり東からの富士山はイイ!!]

20090126eno14
[↑七里ヶ浜の砂浜。画になりますなぁ]

20090126eno15
[↑わたくしがこの旅で一番感銘を受けたシーン。孤島の夕暮れ…]

20090126eno16
[↑本日最後の富士山。やはりここから眺める富士山はイイ!!]

20090126eno17
[↑小田急江ノ島線の終点・片瀬江ノ島駅]

夕暮れだって言うのに、この日だけ良い感じでパシャパシャデジカメがキレイに撮れます。atsuさんも「この日は撮れるコンディションが良すぎですから、素人でも良い感じで撮れますよ」って言うくらい、よく撮れてました。

【夜更け、別れ、そして帰省】
posted by T.Kiyomizu at 19:00 | 滋賀 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 金曜どないやねん
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

デュアリスくんと、東京へ−第7章−

(第6章のあらすじ)
東京から、湘南の海を見に行こうとatsuさんと水尾。さん両名を乗せたデュアリスくん。
レインボーブリッジ・お台場、東京湾岸を経由して横浜の海岸沿いに到達。
逗子に到着後、本来なら左折して有料道路を経由するはずが、話が弾んでしまい曲がらず直進。そのまま横須賀方面に向かってしまったのである。

2009年 1月27日
正午
神奈川県横須賀市田浦町
国道16号で横須賀市街に向かう

いやいやいや。
いきなり進路を間違えちゃいました。
さぁどうする?

Uターン場所を探すのに必死なわたくしに、atsuさんがさらっと、
「それなら、三笠公園に行きません?」
と助言。
そもそも、その三笠公園がどこにあるのかも分からなかったのですが、今のナビは本当に優秀で、地図を簡単にドラッグするだけで、あら簡単に表示しましたよ。
横須賀の米軍基地すぐ隣に位置するその「三笠公園」とは、日露戦争で活躍した戦艦「三笠」が保存されている公園でして、名前には聞いたことのあるもの。
早速ナビで目的地に選び、そのまま国道16号を南へ。
厳重警戒の米軍基地を横切り、近くの駐車場でデュアリスくんを駐めて公園へ。

20090126yoko1
[↑三笠公園。後方は戦艦三笠と東郷平八郎像]

20090126yoko2
[↑戦艦三笠。今は岸壁に埋め込められてます…]

20090126yoko3
[↑戦艦三笠の副砲。実際に動くものもありました]

20090126yoko5
[↑戦艦三笠の主砲。大きさからして、動いた時の迫力ったら凄いんでしょうなぁ…]

20090126yoko4
[↑後光に照らされる三笠も結構良い感じです]

わたくし、正直歴史には疎い方なんですが、結構事詳しく資料等が並んでおり、知らなかったわたくしですら納得のいくものでした。特に東郷平八郎や多くの艦隊の生涯を綴っている艦内に感動した次第です。それに艦内の広いこと…。外から見た感覚と全然違いました。
これだけしっかり保存されている戦艦も珍しいですねぇ。お二人には解説付きで楽しませてくれました。水尾。さんが副砲を構えた時には「何ごと!?」と驚いたもんです。
お二人が案内されなかったら、多分行かなかったであろうスポット。いやぁ良かったですなぁ。


そんなこんなで、すっかり寄り道をしていたらことのほか時間を忘れてしまい、もう2時。
湘南海岸へ行きましょう。
【湘南海岸はぁ、こっちだぁ!!】
posted by T.Kiyomizu at 19:00 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 金曜どないやねん
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

デュアリスくんと、東京へ−第6章−

20090126tokyo09
[↑おはよぉございます。東京の朝でございますよぉ]
2009年 1月27日
午前9時
東京都中央区日本橋2丁目
APAホテル日本橋駅前

昨日とはさらに変わった光景を、東京さんは魅せてくださいました。
何ということでしょぉ〜っ。
雲一つ無い、青空っ!!
個人的に、青色が大好きなわたくしにとって、このスカイブルーは心弾みますなぁ。
早速、朝の目覚ましにと、最上階のお風呂を満喫。
オフィス街に露天風呂、優雅ですなぁ。
しっかり暖まったあと、オプションとしていつの間にか付いてた朝食を食べにビュッフェに。
全ての食材がバイキング形式となっており、見るもの全てが美味しそうですなぁ。
とりあえず、スタンダードに和風で攻め、まだ行けそうなら洋風でという趣向でチョイスしましたが、それでもまだ食べられるってんで、トマトジュースを2杯もおかわりしちゃいました。

食事も済み、プチオフ会の集合時間までまだ時間があるので、ぷらっとそこら辺を散歩することに。
銀座まで歩き、そのまま北へ。
20090126tokyo10
[↑すごろく東海道でお馴染み、ゴールの日本橋]

赤カブライダーなら、一度は訪れておきたい「日本橋郵便局」。
20090126tokyo12

どうして東京中央郵便局でなく、日本橋郵便局なのか?
もう東京中央は無いということもありますが、日本橋郵便局には「郵便発祥の地」として掲げられている郵便の父・前島密像があるんです。
20090126tokyo13
小泉元首相に天の裁きを…なんて参った赤カブ族が何人居られたのかは定かではありませんが。とりあえずわたくしも参りまして、ボソッとひと言。何を言ったかは、教えない(笑)

さて、時間も良い感じになってきたんで、そろそろホテルに戻り、出る支度をしかけます。
午前11時10分前。メールを貰い、優雅にホテルを出ると、そこには今回プチオフ会に参加されるatsuさんと水尾。さんのご両人、見参。

【さぁデュアリスくん、楽しいドライブの時間だ】
posted by T.Kiyomizu at 19:00 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 金曜どないやねん
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

デュアリスくんと、東京へ−第5章−

20090126tokyo07
[↑アパホテル最上階からの夕景ですよぉ〜っ]

2009年 1月 24日
午後5時
APAホテル日本橋駅前
15階ヴィラルーム内


到着後、愛車デュアリスくんをパーキングホールに移動。
もちろんこの時点で、明日のチェックアウトまでしばしの別れ。
元気でな〜……

(あっ!デジカメ、デュアリスくんの中だ!!)

早速ホテルにチェックイン。
今や恐ろしいことに携帯電話が会員証になるというもの。
簡単に予約したものの、気が付かないうちにセットになっていたモノが2点3点ほど??
「お泊まりは最上階15階のヴィラルームでございます。温泉直結でございます」
「朝食付きでございます」
「駐車場込みの料金でございます」
え?え??
値段も思ったよりしてなかったので、そんな風に予約したっけか?と首を捻りながら、今まで泊まったことがなかった最上階の景色。
うわぁ〜、絶景ですなぁ。
疲れたので、フジテレビの踊るスピンオフの映画を見ながら少しお休み。
温泉は夕方5時からと言うことで、5時きっかりに浴衣姿で温泉へ。
よっし!!誰もいねぇ。
温泉オレのモノぉ〜っ!!(あほ)

しばしの優越感に浸りながら、ゆっくり入浴。
疲れを取って、夕食の段取りをするが……

どこに行こう?

東京の知り合いの皆様はお忙しいため、わたくし独りの夕食タイム。
どうせなら、今まで美味しい店ばかり行っていたので、たまには下町のちょいと粋な居酒屋なんてのもいいかなぁ…と思い向かった先が、

渋谷。

待て。どこが下町で粋な居酒屋のある街だ??
【この後、超大物有名人と対決??】
posted by T.Kiyomizu at 20:00 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 金曜どないやねん
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

デュアリスくんと、東京へ−第4章−

20090126tokyo06
[↑西湘バイパス・西湘PA。湘南は少しおあずけぢゃ]


2009年 1月24日
午後12時40分
静岡県富士市
三度、東名高速に乗る


わたくしの領土、清水から約30qで大きな新富士川橋を渡り、少し離れたレトロな科学工場団地を抜けて富士ICへ。
三たび、東名高速に乗ります。
それまでの国道1号はまるで高速道路のように走りやすく、他の車でも普通に時速90qは出してましたね。
どこぞのお馴染みの地図には、富士近辺を「夜見るとまるで未来都市のよう」なんて書いてくれちゃってねぇ。
昼間は、FF7に出てきそうな工場団地に囲まれておりました。
富士ICから次の沼津ICへはかなり長く感じますが、実は清水ICから富士ICの方が長く、26qもあります(富士−沼津間は18q)。
やはり景色が変わり映えする場所と、何にも変わらないところでは、距離感も違うようです。

再度、ナビに予定を立てるために一旦ちっちぇえ駒門PAにデュアリスくんを停めて思案。
湘南を走りたいものの、あそこの渋滞は季節を問わず過酷なので、残念ながら西湘を攻めてから1号線のバイパスをひたすら乗り、首都高湾岸を走ってレインボーブリッジを渡ってから都心に入るというお決まりのコースで行くことになりました。

【さぁて、そろそろラストランと行こうか?】
posted by T.Kiyomizu at 22:02 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 金曜どないやねん
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デュアリスくんと、東京へ−第4章−

20090126tokyo06 [↑西湘バイパス・西湘PA。湘南は少しおあずけぢゃ]

2009年 1月24日 午後12時40分 静岡県富士市 三度、東名高速に乗る

わたくしの領土、清水から約30qで大きな新富士川橋を渡り、少し離れたレトロな科学工場団地を抜けて富士ICへ。 三たび、東名高速に乗ります。 それまでの国道1号はまるで高速道路のように走りやすく、他の車でも普通に時速90qは出してましたね。 どこぞのお馴染みの地図には、富士近辺を「夜見るとまるで未来都市のよう」なんて書いてくれちゃってねぇ。 昼間は、FF7に出てきそうな工場団地に囲まれておりました。 富士ICから次の沼津ICへはかなり長く感じますが、実は清水ICから富士ICの方が長く、26qもあります(富士−沼津間は18q)。 やはり景色が変わり映えする場所と、何にも変わらないところでは、距離感も違うようです。 再度、ナビに予定を立てるために一旦ちっちぇえ駒門PAにデュアリスくんを停めて思案。 湘南を走りたいものの、あそこの渋滞は季節を問わず過酷なので、残念ながら西湘を攻めてから1号線のバイパスをひたすら乗り、首都高湾岸を走ってレインボーブリッジを渡ってから都心に入るというお決まりのコースで行くことになりました。続きを読む
posted by T.Kiyomizu at 19:16 | 滋賀 ☁ | 金曜どないやねん
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

デュアリスくんと、東京へ(第3章)

20090126tokyo04
[↑遠州豊田PAにて。ここは一番のんびりしとるわ]

2009年 1月 24日
午前10時30分
静岡県磐田市
遠州豊田PA



天竜川を渡ってすぐのところに、「遠州豊田PA」があります。
わたくしはどうしてか、必ずここで休憩します。
今回も、ここで休憩しちゃいました。


……おなかすいた。


確か、ここら辺から、あのB級グルメ日本一を誇る「富士宮焼きそば」が食べれるんです。
それに、PAだからそんなに混まないし。
それに、PAだからって侮る無かれ、食事も以外と美味いぞ!!
富士宮焼きそばも、前来た時にはなかった「定食」が新たにくわえられており、おにぎりとみそ汁の付いた定食をいただくことに。
お椀の下に紙が挟んであったので見てみると、「PA50円サービス券」だって。
よっしゃ、帰りに何か買って帰ろうかな〜と思って見たら、どうやら「当日のみ有効」。
……あんまり、意味ないんじゃ?
とりあえず、のど飴と「夜のおかし・うなぎパイ」を購入。
さぁ、出かけようかな?と思ったら、横から声を掛けられましたが…アンタ誰?

【ついに静岡さんの刺客現る!?】
posted by T.Kiyomizu at 22:15 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 金曜どないやねん
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デュアリスくんと、東京へ−第3章−

20090126tokyo05 [↑遠州豊田PAにて。ここは一番のんびりしとるわ]

2009年 1月 24日 午前10時30分 静岡県磐田市 遠州豊田PA

天竜川を渡ってすぐのところに、「遠州豊田PA」があります。 わたくしはどうしてか、必ずここで休憩します。 今回も、ここで休憩しちゃいました。 ……おなかすいた。 確か、ここら辺から、あのB級グルメ日本一を誇る「富士宮焼きそば」が食べれるんです。 それに、PAだからそんなに混まないし。 それに、PAだからって侮る無かれ、食事も以外と美味いぞ!! 富士宮焼きそばも、前来た時にはなかった「定食」が新たにくわえられており、おにぎりとみそ汁の付いた定食をいただくことに。 お椀の下に紙が挟んであったので見てみると、「PA50円サービス券」だって。 よっしゃ、帰りに何か買って帰ろうかな〜と思って見たら、どうやら「当日のみ有効」。 ……あんまり、意味ないんじゃ? とりあえず、のど飴と「夜のおかし・うなぎパイ」を購入。 さぁ、出かけようかな?と思ったら、横から声を掛けられましたが…アンタ誰?続きを読む
posted by T.Kiyomizu at 21:32 | 滋賀 ☁ | 金曜どないやねん
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。