2008年03月07日

鹿男、NG!?

いよいよ「鹿男あをによし」(CX系 木曜22:00〜)もクライマックスに参りました。
かく言うわたしは、未だサントラCDをゲットできておりません。
全てはローソンさんの連絡を待って、いざ出陣となるわけでありますが……。
何度も申し上げますが、今回のローソン討ち入りは水曜どうでしょうではなく、鹿男あをによしでございます。ですから、onちゃんで討ち入りではなく、鹿の角を携えて「やぁやぁローソン○○店」と討ち入り…(一緒じゃん)


さて、その「鹿男」の舞台となり、総力を挙げて協力したとされる地元・奈良では、チョットした物議が醸し出されているようです。
(いや、チョットだけでは無いかも知れません…)
それも、シカの角が生えた童子

……………うん?

2010年に奈良県で開催される「平城遷都1300年祭」のマスコットキャラクターのデザインに批判が殺到している問題で、マスコットを制作した東京芸術大学の籔内佐斗司教授がメールで寄せられた批判意見に回答、自身のホームページにその内容を掲載している。
批判殺到!?「頭にシカの角が生えた」マスコット写真はコチラ
 籔内教授が回答したのは20件以上におよぶ意見について。「気持ち悪い」といった批判については「第一印象に好き嫌いが出るのはやむをえないことと思いますが、なんとかご理解頂けるよう、努力していくつもりです」などと応じた。また「シカの角が生えた童子」のデザインに決めた理由にも触れられ、感情的な意見に対しては冷静に事態を見守るよう呼びかける内容となっている。
 同マスコットは、奈良県などでつくる事業協会が2月12日に発表、愛称の募集を開始した。ネット上でその存在が知れ渡るやいなや「気持ち悪い」「仏に対する侮辱」「子供が泣き出す」などの批判が噴出。また、デザインを一般公募しなかったこと、選考に市民が関われなかったことにも疑問の声が挙がっている。
メモYahoo!News産経新聞「「1300年祭」マスコット作者、HPで批判意見に回答」3/7付

かなり、仏と鹿に拘ったと分かるイラストだけに、強引な感じもしますねぇ……。
さすがに「気持ち悪い」は言い過ぎでしょうが、仏に角ってのもどうなのか…とも思えます。思えるだけで、気持ち悪くなる訳でもありません。
ですから、この投書ってのもいかがなものかな?と。(おそらくはDQN系の投書かと思われ)
鹿が人間のように……というイメージで仰るのであれば、ぜひともあの喋る鹿をご覧になってはいかがでしょうか。あと、玉木宏の鹿男も。
あれは実に良くできてますよぉ。いや、鹿ですが何か?何もロボットだとは一言も……あわわ。
というか、「鹿男あをによし」をそのまんまモチーフにしちゃえばいいのに……

奈良県が総力を挙げて協力したって言うから、とどのつまり、そのまんま「平城遷都1300年祭」に繋げるつもりだったと思ったのに……そういうところが甘いというか、惜しいというか…。
まぁ、確かに我が滋賀県でも彦根の「ひこにゃん」ていうキャラクターがなまら人気を博して大成功を収めたわけですが、それに肖ってか、キャラクターについ熱心になってしまったのは分かります。でもしかし…いくら鹿男とは言え、鹿の角が生えた坊さんってのも……微妙ですぞ。全くの逆効果を生んでしまったとは言え、名前のない彼を何とお呼びすればいいのかも躊躇してしまいます。

わたしはもういっそのこと、「鹿男あをによし」をCXの協力の下でイベントキャラに仕立て上げた方が良いと思いますがいかがでしょうか。ドラマも良い感じでしたし、謎解きツアーなんてのも面白そうですから。あと、「あの喋る鹿に会える!!」となれば効果絶大では。近鉄奈良駅に電車が到着した時、流れる曲がこの曲だったりとか。

あくまでもわたしの要望ですがね。

今回はキャラクターに拘る必要はまず無いように思えます。彦根はたまたまこういうキャラが生まれただけで、彦根とネコってほぼ関係ないですからね。ですから、奈良にいるものをあっちこっち引っ付けてキャラにするってのはやめておいた方がいいでしょう。やや強引な気がして退いちゃいます。


あと、鹿男でこんなニコ動もあったんで貼っておきますね。うん、ぴったりで面白っ☆


posted by T.Kiyomizu at 22:22 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | TopNews
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

[平城遷都1300年祭]ゆるキャラ時代への挑戦状か?
Excerpt: いやあ、最初見たとき、「これはなかなかのチャレンジャーやなあと嘆息したのですが、また世間の反応がかなり予想通りに展開していてまったくもう。 平城遷都1300年祭:マスコットキャラに市民から批..
Weblog: BBRの雑記帳
Tracked: 2008-03-08 23:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。