2007年03月17日

【臨時】華麗無きホリエモン 有罪へ…

昨日の話題はこれで持ちきりだったでしょう…
証券取引法違反(偽計・風説の流布、有価証券報告書の虚偽記載)に問われたライブドア(LD)前社長、堀江貴文被告(34)に対し、東京地裁は16日、懲役2年6月(求刑・懲役4年)の実刑判決を言い渡した。堀江前社長は無罪を主張していたが、小坂敏幸裁判長は、前社長の関与を認定し「上場企業の経営者としての自覚はみじんも感じられない」と厳しく指弾。「見せ掛けの成長にこだわり、一般投資者を欺き、その判断を誤らせた責任は重い。実刑をもって臨むのが相当」と述べた。前社長は控訴した。
 事件では、ナンバー2だった前財務担当取締役、宮内亮治被告(39)らLD元幹部5人と公認会計士2人、LDと関連会社ライブドアマーケティング(LDM)の2法人が起訴されたが、判決は堀江前社長が初めて。
メモYahoo!News毎日新聞 3/16付
色んな人の、様々な解釈があって然るべき問題であると思います。わたしの予見では執行猶予は付くだろうというものでしたが、実刑のみという判決で改めてこの事件は裁判所から見ても重い事件だったのだと痛感させられました。
ただ、その後やれ報道ステーションに出演したり、NEWS23では生出演など、やはり出たがりの性分は未だ衰えていない様子。判決後ということもあり、余りいけしゃあしゃあと語らない方が利口なのでは?とやや軽い目論みが見えてしまい残念です。訴えたい気持ちは分かるけれど、まずは迷惑を掛けた多くの人に詫びるべきだし、会社のこと(社員全員を含め)をまず第一に考えるべきです。その後の対処もすべきだろうし、まず第一にこの罪を認めて服役すべきじゃないか…とも思う次第。
「華麗なる一族」の鉄平のような生き方であるのなら、人は納得するでしょう。多くの人に愛されているのは、何よりも部下を愛することによる代価なのでしょうから。このドラマに彼を当てはめること自体ちゃんちゃらおかしいとは思いますが。
少なくともわたしには、当時の自分自身あのフジテレビ買収辺りからホリエモンを敵視しているように思えました。時代の風雲児とはまた別格でしょうし、人情柄が薄かったせいか、その後ろ影には必ず巨額の金がついて回ってましたから。今回も5億円で即保釈されたらしいですが、結局は…
いえ、もういいです。わたしとしては彼をこれ以上追い求めることはないでしょうし、する必要もない。
サイコロをしたところで、バスに乗らずその目的地に自家用ジェット機で行くような、そんな横暴な方でしょうから、面白味もありません。お金以外で解決できる方法を考えるまでは…最後に、私からひと言…



華麗なる一族を見なはれ


posted by T.Kiyomizu at 23:35 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | TopNews
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。