2010年03月17日

勝手にスイッチの晩餐【2】セントラル式特快って…?

引き続き「東のエデン」ではちょっと…という気がしたので(?)、今回は初頭にお話しした奇跡にまつわるお話しをいたします。

スイッチ本編では「(東のエデンみたく)ジュイスに頼んだんじゃないのか?」なんて言うくらいの珍しい計らいをして下さったJR西日本新快速。しかし、お隣のオレンジ色した会社では、その新快速の更に上を行くという名目で「特別快速」なるものを投入しちゃってます。



別に、車両が素晴らしい車両…ならまだ解りますが、この会社に至ってはどんな電車が来ても、駅の停車数だけが違うだけです。(ま、さすがに113系は無いですけどね)

でも、その停車駅も微妙に違っていたりします。

・新快速(快速よりも2駅少なく停まる※)
・特別快速(新快速よりも1駅少なく停まる)

※たまに快速でも停まらない駅(三河三谷)にも停まることがある

別に、名称が違っていても、快速や新快速も時間帯によって停まる駅が異なっていたり、かなりややこしいです。

ただ、名古屋から滋賀方面に向けて行く人にとっては、新快速であろうが特快であろうが関係ない!!というのが正直なところ。
だって、岐阜から先は何があろうと、各駅停車だもん。

何故か?

それは、新快速・特快が効力を発揮する岐阜−豊橋間には、ライバルの名古屋鉄道が走っているから。
その先はライバル居ませんから。
滋賀や静岡なんかに快速なんて入れねぇぞ!みたいな、
どおしても急ぎたければぁ、新幹線がありますよぉ〜、そちらを、是非!!的な扱い。
そう、JR東海は東海道新幹線も兼ねてますから、どうしてもそっち(新幹線)を優先したいわけですな。
一番ややこしいのは、乗り入れ区間みたいなところ(東京−熱海間[JR東日本]、米原−新大阪間[JR西日本])。
もうお分かりですね?

JR東日本は東日本なりに、熱海からは15両編成に2両のグリーン車を備えてお出迎え。勿論、静岡にはない快速もありますよぉ〜っ。

JR西日本に至っては、新幹線に負けるかとばかりに投入した特急ばりの223系新快速で、在来線滋賀県民をキャッチ。京都・大阪なんぞに新幹線使うかい!!とばかりに。

ハッキリ言って、冷戦やってます(苦笑)。

そもそも、一番たちが悪いのは同じJRでもエリアが違うだけでサービスが悪くなるというもの。
オレンジの会社に至っては非道いコトしか記憶に残っておりません。
この会社に至っては、見切り発車が当たり前という感覚です。西日本の粋な計らいに比べものにならないくらい、見切りが早い!
そして、必要でないのに好い車両を出すこの図々しさ。
毎朝米原駅で旧ムーンライトながらの車両3両観てますが、多分大垣まで走るんでしょう。
でもね、朝の米原−大垣間の乗客数を考えて、あの車両を投入するという考えがどうも解らない。着席率は117系に比べたらムチャクチャ悪いのに、何でこんな時に?という時に入ってきて唖然とする始末。勿論立ち席の方多いですし、しかも吊り革無いですからね、カーブも多いのに、押し合いへし合いの拷問です。
そして、極めつけは中央線の「セントラルライナー」。
昼間なのに、ちゃっかり乗車整理券を徴収するへんてこりんな快速。昼間にグリーン車・指定席以外で料金を徴収する快速電車は全国でもこれくらいでしょう。
でも、中津川−多治見間は要らないんだそうです。なんじゃそら?
そこまでするくらいなら、わたしゃあ快速電車を使います。別に座席も大したこと無いし。


東京へ行く時に鬼門となるオレンジエリア。
頼むから、トイレ無し車両を投入しないで!!ホントに泣くから…
(とはいえ、今回の上京お花見オフ会へは、行きも帰りも新幹線です)


【勝手にスイッチの晩餐の最新記事】
posted by T.Kiyomizu at 23:04 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 勝手にスイッチの晩餐
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。