2010年03月16日

ジム・フェルプスよ、永遠に…

spy04002.jpg
ついにこの方まで逝ってしまいましたか…

TV版「スパイ大作戦」フェルプスが心臓発作

 日本でも放送された1960〜70年代の米テレビドラマシリーズ「スパイ大作戦」に出演していた米俳優ピーター・グレーブス氏が14日、ロサンゼルスの自宅で死去した。83歳だった。ミネソタ州出身。心臓発作とみられる。「スパイ大作戦」で、当局から難事件解決の極秘指令を受ける特務機関のリーダーのジム・フェルプス役を演じて人気だった。

 グレーブス氏は14日、家族との昼食を終えて帰宅した後に倒れた。AP通信によると、家族が人工呼吸と心臓マッサージを試みたが、帰らぬ人となった。ロサンゼルスの警察当局は事件性はないとしている。

 空軍を除隊した後に大学で演技を学び、約60年間の俳優生活で130本以上の映画やテレビに出演したが、広く知られるようになったきっかけは、米国で66年から7年間、計7シーズン放送された「スパイ大作戦」。2代目リーダーのフェルプスとして第2シーズンから出演した。

 同ドラマは、解決不可能と思われる指令を、知力と体力の限りを尽くして遂行する特務機関員たちの活躍を描いた物語。本部から特務機関員たちへの指令が「おはよう、フェルプス君」で始まるテープで流れ、テープは指令を告げた後、自動的に消滅するというのがお約束のパターン。導火線にマッチで火を付けると流れる小気味のいいテーマ曲は、最近の日本のテレビ番組でも使われるほど広く知られている。

 日本では67年から73年までフジテレビ系で放送。米国での原題は「ミッション・インポッシブル」で、トム・クルーズ(47)主演の映画の原点となった。

 グレーブス氏は71年、同ドラマでの演技を評価され、ゴールデン・グローブ賞を受賞。ほかに映画「フライング・ハイ」(80年)などの出演作がある。

メモYahoo!Newsスポニチアネックス 3/16付


つい数日前に「スパイ大作戦」の週刊討ち入りを計画していたばかりという、奇しくもそんな日に訃報を聞くとは思いも寄りませんでした。とはいえ、83歳じゃあもう歳かな?
先日亡くなられた藤田まことさんと亡くなり方が重なるんですよね。たまたま親族がそろった中で静かに息を引き取ったあたりは、ご両人とも幸せな旅立ちをされたと思います。

今でも気になることですが、彼の代表作「スパイ大作戦」の映画版でトム・クルーズ主演の「ミッション・インポッシブル」で、ご本人が当初出演予定だったこの映画のジム・フェルプス役が気に入らないと降りられたことを知りました。でもそれはそれで正解だったと今でも思います。あれほどまでに完璧な任務を多く成し遂げたフェルプスが、あんなくだらない理由でIMFを裏切ることは万に一つでも有り得ません。そりゃあファンだって怒るに決まってるし、あれでミッション・インポッシブルのファン層も二層に隔てられたのは言うまでもありません。
わたくしはその時からずっと、トム・クルーズの「ミッション・インポッシブル」はスパイ大作戦では無く全くの別物で、昔の「スパイ大作戦」が本家本元だと今後も言い切るつもりです。そうでないと、ピーター・グレイブスも浮かばれないでしょう。

ピーター・グレイブス、彼あっての今までのスパイ大作戦だったと今でも思っています。
テープは色褪せようとも、あの名作はずっと色褪せることなく多くのファンの記憶に残ることでしょう。
わたくしは今後とも作品を全て見続け、心に残しつつ、ご冥福を深く、深くお祈りします。
…天国でも任務を遂行するのかな?
posted by T.Kiyomizu at 22:16 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。