2010年02月18日

藤田まこと 死去

突然の訃報に、ただただ、驚いております…

藤田まことさん死去 76歳、「必殺」シリーズなど

 コメディー「てなもんや三度笠」や時代劇「必殺」シリーズ、「はぐれ刑事純情派」などテレビで親しまれた俳優の藤田まこと(ふじた・まこと、本名原田真=はらだ・まこと)さんが17日午前7時25分、大動脈瘤(りゅう)破裂のため大阪府吹田市の病院で死去した。76歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男原田知樹(はらだ・ともき)氏。
 父は無声映画で活躍した俳優の藤間林太郎。その縁で子役として映画に出演、10代から司会や物まねをこなした。大阪の劇場でコメディアンとして活動する一方、テレビの「スチャラカ社員」で人気を得た。
 1962年から白木みのるさんとのコンビで主役を務めた「てなもんや−」が大ヒット。面長の顔を「馬」とからかわれるギャグや「当たり前田のクラッカー」「耳の穴から指突っ込んで、奥歯ガタガタいわしたる」などのフレーズで日本中を沸かせた。
 その後も喜劇映画に多数出演。73年にテレビ時代劇「必殺仕置人」で演じた同心、中村主水が当たり役となり、「必殺」シリーズの中心的存在だった。
 88年から始まったテレビドラマ「はぐれ刑事純情派」では人情味のある刑事を生活感をにじませて演じた。舞台でもミュージカル「その男ゾルバ」などで存在感を示した。他の出演作は映画「積木くずし」、ドラマ「けったいな人々」「剣客商売」など。2002年、紫綬褒章受章。
 08年に食道にがんが見つかり舞台の出演を取りやめた。昨年11月に慢性閉塞(へいそく)性肺疾患のためドラマを降板して治療に専念していたが、今年1月に時代劇「必殺」シリーズのナレーションの仕事で復帰していた。
 藤田さんは小学生時代に京都市に移り、堀川高校に通った。俳優になってからも「必殺シリーズ」の多くが松竹京都撮影所で制作されるなど京都とのゆかりは深く、1996年には「必殺」の主役として南座(東山区)の舞台にも立った。(一部共同通信)

メモYahoo!News京都新聞 2/18付


20100218m-fujita.jpg


ブログには書きましたでしょうか?
2月5日の夜のテレビ放送は、日テレが「崖の上のポニョ」、フジテレビが藤田まこと主演の「剣客商売」でした。最初、ポニョの方を観ていたのですが、前フリが長すぎたのといつまで経っても本編が始まらない厭らしさに観ていられなくなり、9時には剣客商売をじっくり観ておりました。正直、ポニョ以上に感動して泣いていたことを今でも覚えています。とても重病を患っているようには思えない役の演じ振りでした。
重病説を吹っ飛ばすくらいの、立て続けのドラマ出演に「まだまだやれるんじゃないのか?」と安心していた矢先の訃報。あまりにも突然で、為す術がありません。
「必殺2009」でも藤田まこと演じる中村主水が居ないと必殺じゃないと確信し、剣客商売やはぐれ刑事など渋い役柄はわたくしたちに深く印象づけられたに違いありません。

でも、最後に観た作品が剣客商売で良かった。
あのエンディングは、剣客商売始まってから後にも先にも、滋賀県近江八幡市の由緒ある名所なのですから。あそこで舟を漕ぐ姿が今にも浮かんできそう…


今まで多くの作品を、本当にありがとうございました。
深く深く、ご冥福をお祈りします。
タグ:藤田まこと
posted by T.Kiyomizu at 22:34 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | TopNews
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141547531
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。