2009年09月15日

T.Kiyomizuの夏休みU【1】温泉渡り旅in甲信「ほったらかしでどないやねん」

2009年9月12日
午後11時
滋賀県内
新名神高速道路に乗り入れ


さて、先週広島に行ったばかりのわたくしですが、何か抜けていることに旅が終わった後に気が付きました。
まず一つは……
「旅してるのに温泉の話題が無いじゃないか!!」
ごもっとも。
広島県内には多分温泉はあるんでしょうけれども、ハッキリ言って知りません。
あんまりメジャーでは無いのかも…
なので、広島に行く時はその概念を無視しました。

もう一つは…
「デュアリスくんと一緒に旅しやがれ!!」
ごもっとも。
先週末ギリギリにご報告したとおり、本体には影響なかった為に問題なく走れることが分かった以上、この4連休を如何にフル活用できるかはこのデュアリスくんにかかっておりました。
今回それが果たせるとのことで、思い切ってドライブを十二分に楽しむ旅を今回は企画したのですが……

テーマは、

『ドライブと、絶景と、温泉と』

今回、あえてB級グルメを外しました。
その理由は、出発の時点でハライターであったためです。
それでも圧して行くってどうよ……

まずは、山梨にある朝早くから行列を作る温泉で有名な「ほったらかし温泉」に討ち入りを果たします。
土日は夜間であろうとも一律一回1000円であることには変わりない高速道路を、新名神→東名阪→伊勢湾岸→東名と経て、御殿場ICまで向かいます。
で、知ってる方なら「え?何で中央道経由じゃないの?」とお思いでしょうが、答えは簡単。「気が変わったから」。
富士五湖を経て旧鎌倉往還とも言われた国道を走ると、甲府盆地の夜景を見ながら降りていくわけですよ。
実はその景色、金曜どないやねんの最初の企画「サイコロ1」で御殿場で出た「甲府」で知った名場面であり、それもあり道のりを知っているためこっちを選びましたとさ。

新名神・東名阪・伊勢湾岸ともに事故や渋滞もなく快調。
名港あたりでふと先日購入したばかりの「官僚たちの夏」(♪佐橋俊彦)をBGMに爆走しておりました(苦笑)後日「サウンドリコメンド」にて紹介しますが、ド派手なのが好きなんですよ。ちなみに「鹿男あをによし」を前に、その後この「官僚たちの夏」を聞くとよりモチベーション上がります(笑)

20090913_01.jpg

日付が変わって9月13日 午前0時30分。
伊勢湾岸道「刈谷パーキングエリア」にて休憩。
普通の土日とあり、若干空きがある程度で、若者の溜まり場となっておりました。
トイレと飲み物補充でそそくさと出発。

わたくしが一番緊張するのは、何を隠そう東名高速に合流するとき。
トラックが多くてなかなか入れて貰えないんですよね。
しかもこのトラックの皆さん、マナーがかなり悪い。
こっちが追い越しを掛けているのにもかかわらず、無理矢理進入して走行を妨げようとするなんざ茶飯事。
ETC特割がきかないのは同情しますが、リミッターがあることだし、無理矢理追い越しを掛けるためにぎりぎりな割り込みは事故の元なのでやめて頂きたいモノです。
そういう意味で、東名高速はかなりの鬼門。
それに、この先の静岡さんは御存知「旅の強敵」。
今回、どんな罠を仕掛けて下さるのか……

20090913_02.jpg

9月13日 午前2時30分
東名高速「日本坂パーキングエリア」で休憩。
この時、実にハライターが過酷な状況に陥り、20分ほど奮闘しておりました。
最悪、各PA停車で凌ごうと覚悟して再度出発。
よく見ると、地元「焼津」であるだけに、でっかくマグロが乗っかっておりました。マグロ、この先どうなるんだろ……

やはり夜中とは言え、富士川サービスエリアから先が過酷です。
何も無い…
ただ走るだけ。
それでなくとも交通量が多い。
第2東名高速が早期開通して下さることを切に願っております。
裾野ICから脅威の3車線→1車線規制を喰らいましたが、静岡さんの攻撃もここまで。
無事に御殿場ICに到着したのは午前3時30分。
ここから国道138号と137号を駆使して、いわゆる「旧鎌倉往還」を走り、山梨に向かいます。
真っ暗で隣が樹海であろうとも、前に濃い霧が発生しようとも気にしな〜い!!
(気にしたら余計にブルーになるし)
途中で東富士五湖道路で一気に加速し、河口湖大橋をから長い長〜い新御坂トンネルを抜けると、

山梨!!

20090913_03.jpg


国道137号はトンネルを抜けると、ただひたすらに降りるのみ。
甲府盆地の夜景を十二分に堪能しつつ、降りることが出来ます。

盆地にはいると市街地になるため、ここからはナビさんの先導で第1目的地である「ほったらかし温泉」に向かいます。
以前にも述べましたとおり、普通に「ほったらかし温泉」で検索して目的地を選択すると、とんでもない方向に案内してしまいます。
なので、今回は手前の「笛吹川フルーツ公園」を目的地に設定し、その後は現場の標識等に従おうという作戦。
フルーツ公園に入る前でもうこの標高。
先ほどの国道137号並。

20090913_04.jpg


公園内に入ると若干ながら看板がいくつもあり、それに従ってさらに上昇。
暗がりの中、細い山道を走るのはやはりいい気にはなりませんねぇ。

20090913_05.jpg

9月13日 午前4時30分。
山梨市「ほったらかし温泉」到着。

既に30台くらいの車が到着。
皆さん早すぎ!!
ちなみにこの日の日の出は5時50分頃……でしたが、聞き耳を立てると「5時27分頃」だとか。
勿論、発券所は行列が出来てしまいまして、並んで待ち、タオルを購入して脱衣所に向かい、体を洗ってから露天風呂に向かうと、それはそれは、もう目の前一体が甲府盆地と、その奧に構える富士山が右端に…
昨日降った雨雲もこの時を待っていたかのように一気に切れ始め、いよいよ本日の日の出と相成ります。
じっと見守る中30分…
日の出は未だに訪れず。
どうやら山間部は遅いのが当たり前で、どこからその情報を得たのか微妙なところ。
さらに待つこと20分。
午前5時50分頃、ようやく勝沼あたりの山から太陽が顔を出しました。もう眩しいったらありゃしない!!
ちなみに、富士山にかかる「ご来光」は冬の時期でないと見られないでしょうね。
写真を撮ろうと思っておりましたが、施設内は撮影禁止です。

20090913_06.jpg


1時間以上も入浴し、しかも不眠で高速を走り抜けたためか、のぼせ半分眠気半分により、車内で仮眠。


起きたら午前9時。


20090913_07.jpg


早朝組も同じく仮眠を取っておりました。施設内では朝早くから炊き出しをやっていて、朝飯を絶景で美味しく頂くことが出来ました。

ほったらかし温泉 (あっちの湯)
 日の出1時間前〜22時 (最終受付 21時)
 年中無休
 入浴料 700円
(開場時間までは駐車場は閉鎖されます)
(※カーナビでの直設定では温泉にたどり着けないため、手前の「フルーツ公園」を目的地に設定することをおすすめします)



今回はここまで。

次回は次なる目的地、鉄道の聖地を目指します。


posted by T.Kiyomizu at 23:17 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 金曜どないやねん
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。