2009年06月14日

【金どな番外編】あまたの地、あまたの旅〜昔の風景を探す旅・岐阜徳山村編(後編)

20090606tokuyama02.jpg

(前回までのあらすじ)

10年前にたまたま訪れた廃村のその後を探るべく、再び旧徳山村を訪れたわたくしに、徳山ダムによって水没した現状は驚くべきものであった。
【徳山会館の地図】


20090606tokuyama13.jpg

(徳山会館から撮影)
しっかり水没しております。
いやぁ、最近雨がゼンゼン降らないから、ひょっとしたら枯れてきてるかな?という浅はかな考えがあったのですが、何せ日本最大級のダム湖ですからねぇ。
そんな簡単には干上がらないか…

20090606tokuyama14.jpg

会館の向かって右側には、旧徳山村にあったであろう石碑が立っておりました。
一番左にある石碑「ふるさと」と書いてあるのは、ドキュメンタリー映画の題名。
20090606tokuyama03.jpg

水没する前に徳山会館に持ってきたようです。
その他にも小学校の石碑などがございました。

20090606tokuyama16.jpg

恐らく橋と一緒に撮ったのは小学校の模様。
昨年秋からせき止められ、徐々に沈んで逝ったようです。

で、この徳山会館は中に資料室があり、過去の徳山村の画像や資料が掲載されております。
そこに写る数々の写真は、以前までこの徳山村に住んで居られた増山たづ子さんという方が撮られたと聞いております。数年前にお亡くなりになられたそうですが、「故郷〜私の徳山村写真日記〜」には当時の徳山村の証が残されています。

とりあえず、その情報を元に、この画像のある小学校がどこにあるのかを確認。
20090606tokuyama17.jpg

多分、あの左の山間の所あたりと推測。

ここからだと左側は水没しているため走れず、今開通している国道417号のバイパスで近くまで行ってみる事に。

20090606tokuyama18.jpg

恐らくこの山沿いの水面下辺りが、↓で撮った場所では無いかと…
20090606tokuyama02.jpg

あくまでも推測です。

結局、公園等整備はされているものの、当時の面影を知るためには、各資料館へ足を運ばないといけないようです。
今やこのダムの貯水量はかなりの水量をため込んでいるので、干上がる事はまずないでしょう。

ところで…
この立派な国道417号は、その立派さをどこまで保ち続けているのか、気になりません?
じゃじゃじゃあじゃあじゃあ、可能な限りデュアリスくんで走ってみようじゃないかってコトになり、走ってみましたよ。

20090606tokuyama19.jpg
徳山ダムからのトンネルは殆どが2km以上のトンネルや500m以上の橋が多く、道路も完全2車線に整備されていて走りやすいです。
その中で一番長いのが、国道417号最後のトンネル「塚白椿隧道」。全長3330m。
で、黄色い看板にあります通り、トンネル出たら直角左折だって……
どんな国道よ!?

20090606tokuyama20.jpg
トンネルを出てすぐ左の道は旧道で、水没していて通れません。
真っ直ぐ行ってすぐの所には公園があり、おそらくここが最終ポイントとなり、その後の直角左折部分で国道417号の岐阜県側最北部っぽいです。
ご丁寧にも、この駐車場中央にはヘリ着地用のラインが貼られてました。
20090606tokuyama21.jpg
20090606tokuyama22.jpg

恐らく、この先は林道ということと、徳山ダムの管理用道路ってことですから、この先の道もいずれ水没の危険があるってことでしょう。
20090606tokuyama23.jpg

この部分で完全2車線だった道が突如変貌。
一応車はその先も行きますが、しばらく経って戻ってきます。
この先はしばらく行くと橋を渡って急坂があり、ガードレールのない断崖絶壁を走り続けると岐阜県と福井県の境に位置する「冠山峠」に到着。その後はひたすら降り続け、この部分から約20km程走ってやっとこさ国道417号の福井県側がスタートします。
何でも予定では、その国道の互いの付け根をトンネルで繋ぐ計画があるそうなんですが…どうもやる気配無しですな。

折角だから、徳山ダムも見学してやることにしました。

20090606tokuyama24.jpg
高所恐怖症の方は、ここを訪れることをオススメする事は出来ません。
わたくしでさえ、足がすくみました。
物凄い高低差は、肌で実感できます。
本当に、下を歩いている人がゴミというか…ホコリのようにちっちぇえの。
石みたいなすべり台は決してすべり台ではありませんが、間違って落っこちそうでコワイです。

20090606tokuyama25.jpg
何でも、工事の時に活躍したブルトーザーのタイヤだどうです。

20090606tokuyama26.jpg
旧徳山村を振り返るとこうなります。
ここいらの名前を、「徳山湖」と名付けられているんだとか。


【追記】
ただ今「サウンドリコメンド強化月間」ですので、当時脳裏BGMでかかってた曲を紹介しておきます。

▼関山藍果 / Aesthetic

以前、険道探索のニコ動動画を見させていただいたときに、この曲がたまたま流れていたので、この場所にぴったりだと思いリコメンドしました。
曲はかつて、フジテレビ系『医龍 Team Medical Dragon』の挿入歌で、関山藍果が歌った当時話題沸騰だった曲。
わたくしはどこかのゲームBGMかと思いましたが、意外にも?ドラマのサントラだったのには別の意味で驚いた次第です。


20090606tokuyama27.jpg
さて、折角来たんだからと、近くの道の駅で温泉に浸かる事にいたしましょう。
「道の駅・星のふる里ふるはし」に隣接されている温泉施設「いび川温泉藤橋の湯」は、国道303号線が分岐するT字路から岐阜方面に1kmほどで到着。
大自然に囲まれ、露天風呂や泡風呂、歩行湯なんてのもありますが、極めつけはお肌がツルツルになるアルカリ性単純温泉。
風呂上がりには地元のコーヒー牛乳を飲み、マッサージチェアでリクライニング。
20090606tokuyama28.jpg
さらにはレストランで地元の料理に舌鼓を打ちましょう。
(画像の料理は天ぷらうどん定食1000円。天ぷらはそこらで採れた山菜を使用)

滋賀県側にある「道の駅・夜叉ヶ池の里さかうち」には温泉はありませんが、ダチョウ料理が楽しめます。
双方の道の駅には旧徳山村の郷土品が展示されており、当時の面影を偲ぶ事が出来、お土産品も購入できます。

ただ、難なのは交通手段が車でしか行けないというところ。
最寄り駅はJR大垣駅から養老鉄道で終点の揖斐まで。そこからはまだ十数qはありますから、遠いです。


帰りはゆっくりと国道417号を南下して下道で帰りましたとさ。


(おわり)



●スペシャルサンクス:
 「やまてつほーむぺーじ

現在更新は途絶えておりますが、過去に訪れた多くの酷道の軌跡が残っております。
以前、酷道関係で大変お世話になりました。
■国道417号記事
  「酷道探訪 国道417号線《旧徳山村をしのびつつ冠山峠を目指す》


●参考文献:
    ・徳山村(岐阜県)
    ・徳山ダム
    ・藤橋城
    ・増山たづ子
    (上記Wikipediaより)

    ・温泉シールラリーゆらんいび川温泉藤橋の湯
    [↑現在シールラリー7枚目。締切6月30日





P.S.


ちなみにわたくしも国道417号は走破済みでございます。ただ、今のデュアリスくんではなく、初代のキューブくんで抜けましたけどね。

0020090606tokuyama91.jpg

0020090606tokuyama92.jpg

0020090606tokuyama93.jpg

0020090606tokuyama94.jpg

ちなみに、最初は信じませんでしたが、冠山峠には普通に観光バスも来ます。
えぇマジで。


posted by T.Kiyomizu at 17:00 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 金曜どないやねん
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。