2009年05月08日

片道1000円でどうでしょうU−GW編(1)東京−

さて、先週この記事でもお伝えしましたとおり、GW中にいかにして安く東京へ行けるか、試してやろうと企画した今回の旅。
お手軽になるか否か、行って参りました。
0_20090503tokyo_01.jpg

2009年5月4日
午前6時
愛知県刈谷市
伊勢湾岸自動車道
刈谷パーキングエリア・ハイウェイオアシス

滋賀県を早朝5時に出発し、混み具合はどうかドキドキしながら新名神に乗り、東名阪・伊勢湾岸と乗り継ぎ、休憩がてらに刈谷パーキングエリア・ハイウェイオアシスに到着。
駐車場にぎっしりクルマの数数々!!

どうやら、ここで仮眠を取られたようでして、こんな光景がしばらくあちこちのパーキングエリアやサービスエリアで見られました。
いくらハイウェイオアシスとは言えパーキングエリアでこれですから、恐らくサービスエリアではもっと大変な事になっているのだろうと思い、今後は休憩をパーキングエリアに限定する事に。
渋滞状況を見るも、今のところ渋滞箇所は無し。
うむ、良い滑り出しだ。
10分後に出発。

豊田ジャンクションからいよいよ鬼門の東名高速に乗り入れたところで、やはりクルマの量が一気に増え、あわや渋滞の一歩手前にまで及ぶところ。
やばいやばい。
我々の刺客は静岡さんなのだから、こんなところで滞っている場合ではない。

そもそも、岡崎付近や音羽付近で渋滞するのはよく分かってました。
ここは渋滞のメッカ。
緩やかな坂道が幾つもあるため、普段同じ速度でしか走らないクルマが坂道であるとも知らずにそのままの気分(速度が落ちて居るとも知らずに)で走ってしまい、速度低下で後ろを走っているクルマがさらに速度を落としてその連鎖が続き、慢性的な渋滞を引き起こしてしまうというもの。
トンネルでも入出口でスピードを落とすクルマのために起こってしまう渋滞もあるのですが、この坂道の渋滞がダントツの第1位なんだそうです。
最近では速度低下を注意する看板などが表示されていますので、これがある場所では速度メーターを気にしながら一定速度で走って下さる事をお願いしたい次第です
午前7時、東京にすでに到着した華麗なる金どな一族・ふじわらさんと
連絡(※我がデュアリスくんはハンズフリー車です)。深夜バスで先に東京入りした彼の連絡によると、若干の渋滞はあったものの、ほぼ定時に到着したとの事。
午前7時半、いよいよ静岡さんに討ち入り。
やはり浜名湖サービスエリアは大渋滞。
一度入ったら最後、容易に抜け出す事も出来ない…
入られた方、残念!!
わたくしはその先にある小笠パーキングエリアにて軽い朝食。
もちろん、しっかり停められました。
順調に走り続け、まだ渋滞は無いなぁと思っていた、相良牧之原ICを過ぎた頃でした。

静岡−富士

渋滞 25km



ノォ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!!!

2009年5月4日
午前8時30分
静岡県静岡市清水区
東名高速道路
清水IC付近

0_20090503tokyo_02.jpg

やりやがった……
静岡さんめぇ。
しっかり停車してしまった。万事休す。

0_20090503tokyo_03.jpg

こうなったら……
走行中は観れなくても聞くだけで十分!と言いつつ、水曜どうでしょうDVD第11弾をデュアリスくんに食べさせ、再生。
あまりの面白さについつい時間も過ぎてゆく。
ふんっ、20kmの渋滞なんてちゃんちゃらおかしいぜ。

…と、何気なく景色を眺めていましたらですな、
0_20090503tokyo_04.jpg

お………??
あれは、富士山か??

0_20090503tokyo_05.jpg

富士山だぁ!!!
という感動もなく。
しかし、最近通りがけに富士山を観る事は全く無かったので、ラッキーでした。
これも日ス輪オフ会という絡みの御陰……でしょう。
彼らが関わる企画は全て良好なのです。

そして、渋滞の原因も分かりました。
玉突き事故が2件。
しっかり車間距離を取りつつ、相手の速度を感じつつ、走行しましょう。
大体、何故かこの東名高速は富士川サービスエリアから富士川大橋を渡ってしばらくの「松岡バス停」を頭に渋滞するクセがあるそうです。
恐らく先ほど言った坂道による速度低下と、サービスエリアからの合流による渋滞と思われます。事故ってたら尚更ですけどね。

しかし………
当初の予定である東京に午後3時という時間まで、沼津であと5時間半後と相成り、このまま行くと早着となってしまうことが判明。
Kiyomizu、何を思ったのか、何と沼津で高速を降りて国道1号へ。
そしてそのまま箱根越え!!

0_20090503tokyo_06.jpg

だって、明るいうちの箱根越えは初めてですから。
(金どな企画「すごろく東海道」では夜に箱根越えをしました)
それでも時間は午前10時半。
どうしよっかなぁ……

気晴らしに温泉に浸かるか…と、湯河原温泉に降りますが、外湯の駐車場がいっぱいで断念!!
運良く?海沿いの国道が渋滞していたので、時間稼ぎになりました。

その後、新湘南バイパス・国道1号を経て横浜市内に入ります。
以前東京に向かったのと同じルートになりますが、前回この国道1号線渋滞のメッカとなっていた「原宿交差点」、今回は何故かスイスイ行けましたよぉ。
何故か??

何と!!
立体交差になっていたのです!!
上り線(東京方面)のみ
しかも、2車線全て上り線のみ。
下り線?
立体交差になってないから大渋滞。
ご苦労様でした〜。

と言うわけで、横浜市内も渋滞する事もなく、スイスイ行けてしまい、横浜新道・横横道路・首都高狩場線を経て湾岸線へ。
それでも時間が余っちゃったので、初めて大黒パーキングエリアへ降り立ちました。
降りるのに2周回りましたけどね。

0_20090503tokyo_08.jpg

円内の真ん中にあるどでかいランドマーク。

0_20090503tokyo_07.jpg

大黒パーキングエリアとは名ばかりの施設。サービスエリアじゃないのか?

1000円の高速道路とは無関係の首都高速ですが、混雑御礼。
折角だから食べていく事に。

0_20090503tokyo_09.jpg

大黒ラーメンだそうです。
焦がしニンニクの利いたスパイシーな太麺。
ゆっくり味わいたかったのですが、何せいっぱいだったので早々に食べて退散。
ニンニクの臭さを車内に持ち込むのはマズイので、匂い消しを食べてお外で休憩。


かくして、湾岸線でお約束のお台場・レインボーブリッジ経由で東京入りを果たし、予定時間の15分前に目的地のホテルに到着……

がっ!!!

0_20090503tokyo_10.jpg

あろうことか、そのホテル専用?の駐車場が満車というハプニング発生。
その会話がこちら(Pは駐車場の管理人)。
T「ホテル専用の駐車場がチェックイン前に満車ってどういうことですか?」
P「そう言われましても、こっちも困ってるんですよぉ」
T「●島屋客の車を入れたからじゃないんですか?」
P「えぇそれもありますが、この状況ですから、どうしようもないんですよぉ」
T「本当にどうしようもないんですか?」
P「えぇ、こればっかりは逆立ちしてもダメでして」
T「だったら何処に停めろっていうんですか?ここは東京ですよ?わたしはここの地理に疎いんで他に行けって言われても困るんです」
P「(地図を持ってきて)この近くでしたらこんなに駐車場があるんですよ。そこで勘弁願いませんか?」
T「で、ここで停めてもホテルの割引とか利かないんでしょ?」
P「えぇそうです。もう全てのお客様に頭下げてるんで申し訳ないです。それじゃあバックして頂いて……」
T「え?で、出ろってか!?」


結局、ホテルに着いたにもかかわらず、今度はこのデュアリスくんを泊める駐車場を探す事になりました。
探しても仕方がないしと、入れたところが、事もあろうに八重洲駐車場
後で考えたら「おまえ、バカだろ」「本当に大学出たのか?」と言われそうな顛末に思わず愕然。
そりゃあそうですわ。
よくよく考えたら、行くのはいいけれど、クルマを持ってきている以上はその駐車場の事も考えた上で行動しなきゃならなかったわけです。
それを考えずに「1000円だ安い!!」とタカをくくったわたくしの単純頭脳が、ここにきて肝心な事に気が付かなかったという事ですな。
クハハハハハ………
(翌日、5千円の請求に泣きました。ま、それ以上に高速代の元取れてるんだから、ま、いっかと開き直りましたがね)

しかし、ホテルもホテルですわ。
何も宿泊以外の高●屋に提携して駐車場貸すだなんて…
こんな時だから、せめてこの週ぐらい宿泊者専用とかにして欲しかったですわ。
おまけに部屋も間違えるしさっ(これも意外と部屋が広かったから許しましたけどね)。


刺客は最後の最後にあり……でしたか。
いやぁ、無念。
無念じゃ!


(GW編(2)皇居 へ つづく)


posted by T.Kiyomizu at 19:00 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 金曜どないやねん
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。