2009年04月21日

「少女A」に対抗した歌が存在した!?


「少女A」ってのは中森明菜の名曲ですけれど、あの時代に対抗してリリースする度胸があるとは思えませんでしたわ。

そもそもこの時代(80年代)は最近面白半分で囓った程度なので、結構色んな歌がありますねぇ。
昨日、久々に「HEY!HEY!HEY!」を見ていたら、この「少女A」に対抗して「熟女B」たるタイトルがあるんだとか。
それを聞き、探してみたら……


ありましたわ。

■熟女B 歌:五月みどり


ええぇ!?
 さ、五月みどりぃ???


さらに、歌詞聞いて吹きました。
バナナの皮をむくように
私の服をぬがせたら
しばらく灯りをつけたまま
見おろしていてほしい

あなたの目に犯されて
あたしは落ちてゆく
ラララ〜ラ〜 ウ〜ウウ〜ウ〜
燃えやすい としごろ

私だけがすごいんじゃないわ
みんな本当はこうなのよ

左の乳房に貞操を
右の乳房に欲望を
つつんで生きている女
あたし熟女B


い………意味がわからんッ。
燃えやすい年ごろってのも分からんし。
「みんな本当はこうなのよ」って全体を包んじゃうあたり、強引すぎる……
結局、熟女Bの意味すら分からないまま本末転倒で終わってるし。
う〜ん……さすがは大御所。
是非とも次週の「HEY!HEY!HEY!」ご出演頂きたいものですなぁ。

ちなみにわたくしはBメロのラララ〜ラ〜 ウ〜ウウ〜ウ〜で完全にノックアウトでございます。


posted by T.Kiyomizu at 02:00 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サウンドリコメンド
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。