2009年04月07日

ハダカの王様の耳はロバの耳

わたくしは、ウソをつく輩が、ヘドを吐くほど厭です。


昨日の「勝手にスイッチでどうでしょう(28)史上最悪の誕生日」で察しのように、わたくしの第34回目の誕生日を尽くぶち壊してくれた北朝鮮スムニダ。
やっぱり出たか…
衛星ネタ

アメリカの報告では

「そんな(歌を歌うような変な)人工衛星は見あたらない」

との見解。

ロシアも一時は「いや、アレは人工衛星だろぉ」って言ってたにも関わらず、夜になって

「わたしらの知る限りの宇宙には、そんなもん無いですなぁ」

と翻しましたなぁ。
さぁ、どうすんだ?
過去にも沢山失敗してようやく人乗成功したって言ってた中国さん。

そもそも、チョヌン北朝鮮は「人工衛星打ち上げ」と掲げた上で、
「金正日を称える歌を宇宙に流しています」
などと言ってるわけですが…

大の大人はそんなことを信じる愚か者ではありませんわ。
そもそも、あの大宇宙空間に歌を流したところで、地球に聞こえるわけねぇだろが!!!

そうそう、「華麗なる金どな一族」メンバー・ふじわらしあん氏も、当日の誕おめメールの中で言ってましたわ。

あまり人のことを悪く言うのは好きじゃないんですが、
な国ですねぇ…

あの方が言うくらいですから、尚更ですわ。

タイトルにもある「ハダカの王様の耳はロバの耳」ってのは、北朝鮮のミサイルは、北朝鮮の国民にとっては人工衛星に見えるんですよぉって言っておきながら、「実はミサイルだ」って言いたくても言えない人が実はいっぱいいらっしゃるんじゃないかな?って思い、皮肉たっぷりで付けました。
彼方此方の洞穴で叫んでるんじゃないですか?
「人工衛星は、テポドン2号というミサイルだぁ〜ッ!!!」
って。

逆に、開発者が歌のかわりにそれを衛星に吹き込んで、それが宇宙を回って「この衛星はテポドンというミサイルでしたスムニダ〜」って世界中に言い回ってたりして(笑)

それに味を占めたのか、あやつはさらにエスカレートしてますぞぉ。
北朝鮮の主張を代弁する在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の機関紙「朝鮮新報」は6日、北朝鮮が向こう数年以内に通信、資源探査、気象観測などの実用衛星を打ち上げる計画を準備していると報じた。

 北朝鮮は今後も、「衛星」名目の弾道ミサイル発射を繰り返し実施していく方針だ。

 韓国の聯合ニュースによると、同紙のインタビューに応じた北朝鮮内閣機構の気象水文局中央気象研究所の高(コ)サンボク所長(62)は、実験通信衛星『光明星(クァンミョンソン)2号』の「打ち上げ成功」が「国民に大きな民族的誇りと自負心を与えた歴史的快挙」とし、「数年以内に極軌道気象衛星か静止気象衛星を打ち上げる」と述べた。

 光明星2号の打ち上げ目的は、「地球温暖化で世界的に異常気象が頻繁に発生しており、わが国も自然災害を事前に正確に予測し、被害防止対策を打ち立てる必要がある」とした上で、「今回の打ち上げは実用衛星を打ち上げる前段階の工程だ」と説明した。
メモYahoo!News読売新聞 4/6付


要するに、その都度テポドンをどんどん撃ち続けるおつもりですね?
いい加減、諸国も本気で怒ろうや。
制裁云々じゃなくてさ、泣く子も黙るお仕置きを!!
懲りないガキにはげんこつのひとつもと思ってタカくくってるんでしょうが、もうそんなじゃれ事は沢山なんでね。


少なくとも、わたくしは一生、この屈辱的な日を忘れねぇし、恨みぃまぁすぅ〜♪


posted by T.Kiyomizu at 10:00 | 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々どうでしょう
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。