2009年03月28日

和歌山電鉄たま紀行

2009年3月21日
午前9時
JR京都駅


0_20090321_01.jpg

先日(3月20日)から来阪されていたatsuさんが「明日和歌山電鉄のイベントに行くんですよぉ」って言っておりましたんで、久々に鉄ちゃん気分で出かけることにしました。
そもそも、和歌山電鉄は有名になる前に1度訪れたかった場所でしたが、和歌山という場所が近畿とはいえ遠いイメージがあったことと、最近電車がとんと久しぶりだったのと、大阪でさえ20日に訪れたのが久しぶりであるということなどから、なかなか訪れる機会に恵まれませんでした。
一時は廃線の危機に立たされた路線、いわゆる「崖っぷち路線シリーズ」の前回は昨年GWに参った千葉県の銚子電鉄以来です。

まずは和歌山まで行くのですが、昨日とこの日と体調があまり良いことなく、atsuさんにも「この日行けるかどうか、分かりませんよぉ」てなこと言っておりましたが、まぁ眠いけど多少は大丈夫だろうってんで、運良く指定席券をゲットして京都から特急「スーパーくろしお号」にて一気に和歌山に向かいます。
しかし、流石は連休中。観光客が京都から乗り込み、南へ行くぞぉ!!とばかりの意気込み。新大阪でかなりの乗り込みがあって、これでほぼ全席埋まっちゃいました。
「あぁ、この方々はきっと白浜に行くんだな」と思い、電車は一路和歌山へ。トンネルを抜けてしばらくするとはるかに和歌山を望む風景が広がり、さぁ降りようかな?と思ったら周りの人間も降り支度。待て待て待て!!あんたらも行くのか和歌山電鉄へ??

0_20090321_02.jpg

結局和歌山駅で殆どの客が降り、そのまま9番線にある和歌山電鉄のホームへ。1日乗車券を求めて客が長い列を成して待っております。
社員さんらの迅速なる手さばきで、その人数をこなし、問題なく待っていた電車に乗ることが出来ましたが、観てのとおり普通の旧南海車両。
う〜ん、残念!!
ちなみに、和歌山電鉄HPでは変わった電車「いちご電車」「おもちゃ電車」「たま電車」の走行時刻表が載っております。わたくしも乗り換えがこの電車だと端から分かってましたが……残念。
定刻通り発車した”普通の”電車は可愛い車内放送で始まり、軽快なスピードで駅を通過。
途中「日前宮」で5分の待ち合わせをしていたら、燃える燃える〜赤い「おもちゃ電車」が滑り込んで参りました。
0_20090321_03.jpg

(おもちゃ電車は4月から6月まで定期診断を受けるため運休だそうです。お越しになられる際はご注意を)

0_20090321_041.jpg
しばらく長閑な風景を臨みながら走ります。

約20分ほどで、中間駅である伊太祁曽(いだきそ)駅に到着です。
0_20090321_04.jpg

反対方向には「いちご電車」がお待ちかね!!

伊太祁曽駅を降りると、ホーム向こうに車庫があります。
到着すると、早くも人の群れが。
0_20090321_05.jpg

一体何ごとか!?

実はこの日、終着駅・貴志駅のスーパー駅長・たま卿をあしらった電車「たま電車」のお披露目日と合わせて「第4回貴志川線祭り」が開催。駅長たま卿をご拝観しようと各地から多くのギャラリーが、たま電車の運転席にて観衆に手を振るスーパー駅長たま卿を一目見ようと駆け寄っているというもの(笑)。
ここでatsuさんと合流。
セレモニーはとっくに終わっており、着いている時にはまさにこの状態だったので、わたくしもいざ!!
0_20090321_08.jpg

うおっ、物凄いギャラリー陣!!
み、見えるのか??
0_20090321_06.jpg

0_20090321_07.jpg

撮り方がちょっと悪かったのか、反射しちゃいましたが、わたくしの立ち位置からは若干ながらたま卿を確認。
ちなみにたま卿はその後、住処である貴志駅にお戻りあそばれ、お暇されたごようすであられます。

折角なので、たま電車にわたくしも試乗。
0_20090321_09.jpg

0_20090321_10.jpg

車内は遊び心満載のねこデザインで埋め尽くされております。

0_20090321_11.jpg

ここまでこだわりがッ!!

0_20090321_12.jpg

こういう車両同士の通り抜けをわたくしは未だかつてみたことがございません。まるで「たま神社」?

0_20090321_13.jpg

本棚があり、電車の中で本を読むっていう感覚になっているようです。
ぽち文庫は犬にまつわる本、いちご文庫はイチゴやスウィーツにまつわる本という感じで。もちろんたま文庫も存在。
中にはたまの足跡が床を伝っているなど細かい細工を施しており、たまの住処らしき大きなカゴや、赤ちゃん用カーゴも存在。

0_20090321_14.jpg

たま電車はこの後午後4時前に出発。

時間があるので、atsuさんとお祭り会場となっている伊太祁曽神社に向かい、ここで昼食。
地元の祭と思いきや、結構盛り上がっておりました。
とりあえず有名処の電車をおさえようと、いちご電車とおもちゃ電車に乗車。

0_20090321_15.jpg

いちご電車はおもちゃ電車やたま電車と違いシンプル。座席がかなり凝ってるなと思いました。
その後に乗ったのがおもちゃ電車。
その名の通り、車内にはおもちゃがぎっしり。
展示ブースには有名処のフィギュアがずらり並んで、訪れた客を驚かせておりました。
0_20090321_16.jpg


もちろん、ガチャポンもあり。
0_20090321_17.jpg


唯一わたくしが驚いたのが、「これは罰ゲームだろ…」って口にした木馬の座席。
0_20090321_18.jpg
もちろんこれは子供用で、大人が座る事って絶対に出来ないんですよねぇ。
だから、一種の罰ゲーム。
(でも無理に座ろうとすると破損する恐れがあるので、小学生以上の方が乗るのはやめましょう)

0_20090321_19.jpg

終着駅・貴志駅に着くと多くの人がホームに!!
そのお目当ては、またしてもスーパー駅長たま卿
0_20090321_20.jpg

行こうにも、写真を撮る方々がなかなか進んでくれないために駅舎は混乱。電車が出るっていうのにも関わらず、通路側にも人が集ってしまい、仕舞いには怒鳴ってしまう人も出てしまうほど。わたくしもややキレかけで「もうたま駅長撮るの辞めて外出よう」って言ったくらいですからね。
それでもちゃっかり撮ってやがるし↓
0_20090321_21.jpg


駅舎を出て1枚。
0_20090321_22.jpg


たま卿が駅長になるきっかけを作ったと言っても過言ではない昔の住処。
0_20090321_23.jpg

駅舎横の売店は溢れんばかりの盛況ぶり。その中に和歌山電鉄の社長がインタビューに答えているとは!!
とりあえず、たま発祥の売店で色々お買い物をして、再び伊太祁曽駅へ。

0_20090321_24.jpg

たま電車がいよいよ出陣というまさにその時、新旧併せて全ての和歌山電鉄車両が顔を合わす徹底的瞬間!!
…なんですが、わたくしのカメラは残念ながら右側が欠けてしまい、一応ながら合成を掛けておりますが、こんな感じで周りを驚かせておりました。

そしておもちゃ電車も出た後、いよいよホームにたま電車が入線します。
0_20090321_25.jpg

お客さんをギッシリ乗せて、出発進行!!

0_20090321_26.jpg

行っちゃった…

0_20090321_27.jpg

あっという間に、祭りの後。

我々は次の電車で帰省。
一応ではありますが、たまサポーターの証し(バッチ)頂きました。

ただ、旅はそこで終わらず…
和歌山と言えば「和歌山ラーメン」てなもんで、有名な「井出商店」ってラーメン屋さんにて少し早い夕食を。
店には客は並んで居なかったものの、店内は満席。
しばらく待つと良い感じで席が空き、数分後にはラーメンが目の前に。
0_20090321_28.jpg

いただきましたぁ。

その後はatsuさんが水間電鉄に乗りたいと仰ってたので、南海電車に乗って貝塚まで行き、乗り換え。
20分ほどで終着駅・水間に到着。
0_20090321_29.jpg

ローカル駅にしては、凄くオリジナルな建物ですなぁ。
気が付けば、もう日も落ちて辺りは暗くなり。
新今宮でatsuさんと別れ、天王寺から「はるか」で帰ろうかな?とタカをくくってたら……
目の前をはるかが通り過ぎていくぅ……



その後、再びなんば線に乗り、ドーム前駅の構内を撮るなどして暇を持て余し、1時間後のはるかに西九条駅から乗って帰りましたとさ。

おしまい。

■関連リンク
 ●和歌山電鉄貴志川線オフィシャルHP
 (※訪れる際は必ずサイトをご確認下さい。今後おもちゃ電車運行休止や変更等が予想されます)
 ●市民列車でいこう!!”貴志川線応援ブログ”
 (たま駅長や助役の日々を知りたければここでチェック!!)


posted by T.Kiyomizu at 18:23 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 金曜どないやねん
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。