2009年03月17日

ありそうで無かったモノが意外とあったり

元鉄ちゃんとは言え、乗り潰しとかちょこっとカメラに納めたりとかで、申し訳ない程度の囓りでしか通らなかったわたくしですが…

先日、「そういや、阪神なんば線ってのが20日に開通するわな」ってんで、詳細を探るべく、本屋に。
で、「そういえば最近『鉄道ジャーナル』勝手ないわな」ってんで、一応ぱらぱら捲る。
どうやら次の号発売まであと数日なのだけれど、一応に気になる特集もあったんで購入。
と、その裏表紙を見てびっくり!!

「て、鉄道旅行地図帳!?」

わたくし、恥ずかしながらそんなもんありそうで無いと思ってました。
まさか、そんなモノが存在するとは!?
しかも全12巻にまで及び、現在関西じゃ無いですか!?
これはもう買うしか!!



てんで、コレを買いました。
やはり地元は抑えとかなきゃって言うのと、先ほどにも触れたなんば線がちゃっかり載っていたというのも併せて。
単なる路線図と思いきや侮る無かれ!!
ちゃーんと過去に走っていた旧廃路線もしっかり掲載。
滋賀では幻となっていたあの江若鉄道も掲載し、地元の旧路線も掲載。
急勾配や車両基地。さらには駅前の路線の移り変わりなどまで細かく掲載するなど、仕事の細かさが伺えます。
滋賀でも結構廃線あるんですなぁ。
柳ヶ瀬線はよく知られてますが、官設鉄道はあんまり知られてません。
あと、特集でさりげなく御召列車の走行路線や車両なども。

現在は10巻目「大阪」までが発売中で、中国四国・九州へと続きます。
実は別巻で朝鮮・台湾・樺太・満州国の鉄道路線も紹介するのだとか。
この春を期に、地図を片手に出かけてみてはいかがでしょう。
これは結構楽しめますよぉ〜っ。
posted by T.Kiyomizu at 22:49 | 滋賀 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115874283
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。