2009年01月15日

土岐麻子 / TOUCH

今年最初のサウンドリコメンドでございます。 渋谷系ロック(パンク)バンド”Cymbals”が解散して早5年……。 解散コンサートもおよそ5年前の1月20日、O−Eastで行われ、私もギリギリでチケットをゲットして上京し、最初で最後のコンサートを満喫し、ジャンキー(Cymbalsファンの呼び名)仲間とオフ会を夜明けまで行ったことを、今も昨日のように覚えています。 そのCymbalsのボーカルだったのが、今回紹介する土岐麻子でした。 正直、今後の彼女の動向を、かなり心配しておりました。 結婚したんだから、音楽活動に取り組まなくても…と半分思っておりましたが、その思いとは裏腹に、父親がジャズサックス奏者ということを取り柄に、親子でジャズスタンダードのカバーアルバムを立て続けに出すなど、今までに考えられないソロデビューを披露し驚かせました。 その後もポップなアルバムも出し、カバーアルバムも相変わらず出し続け、気が付けばもう5年。 Cymbalsのアルバムを聴くまでもなく、土岐麻子はアルバムを出すたびにまだまだ成長しているご様子。 今や女性の生き方として尊敬する人にノミネートされているんだとか。 それを決定づけさせたのが、今回のこのアルバム『TOUCH』だと思いますなぁ。 言い方悪いかも知れませんが、アクが無いんですよ。彼女の歌い方ってのは。 全体的には落ち着いてまとまっております(変な表現だけど)。 それに歌によって表情も変わります。 当たり前ですが、今のポップスにはそれが無い。 残念なコトですなぁ。 同じ思いで最近CD買ってないと言う方は是非とも手にとって聴いて頂きたい。 当然の事ながら、ジャズスタンダードはお手の物。 御存知日産ティアラのCMで披露したビル・エヴァンスの名曲「Waltz For Debby」を日本詩で歌い上げます。 CMとは少し感じが違いますが、深みがあります。 恐ろしいくらいに深い…。 と、思ったら明るくなったりと、長短がはっきりしていて清々しい感じに仕上がってます。 このアルバムでジャズはこの1曲のみですが、その他もユニクロのCMでお馴染みの「HowBeautiful」など聴いた曲がございます。 ポップ調な曲もあれば、デュエットもあり、落ち着いた雰囲気の優しい曲もありと、決して裏切らない1枚となっております。 最近のJ−POPは全く聴けないとお嘆きの皆様。 一つの癒しとして、一度聴いてみてはいかがでしょう。
TOUCHTOUCH
(2009/01/14)
土岐麻子

商品詳細を見る
とりあえず、今後も土岐麻子は頑張るんでしょうなぁ。 うらやましいくらいに、光っておりますよ、歌声が。


posted by T.Kiyomizu at 21:18 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サウンドリコメンド
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。