2008年10月20日

阪神が終わったのに、感動した。

今日、クライマックスシリーズにて、阪神タイガースが中日ドラゴンズに敗れ、今シーズンに幕を下ろしました。 …普通ならば、こんな記事を書くつもりは、毛頭無かったわけですよ。 わたしゃああの日に阪神を、ファンを見くびった男ですから。 思い起こせば、9月末の対ヤクルト戦。 巨人と拮抗し、負けちゃダメだっていう試合で、少ない点でも負けずに同点に追いつき、そして引き分け。 別にこの試合、引き分けでも良かった。 負けなければ、別に良かった。 ところがである。 不甲斐ないファンが引き分けに納得いかずにヤジを飛ばす。 言語道断である。 選手は皆、負けまいと懸命に戦い抜いたのに、その行為にツバを吐き捨てるとは、ファン在るまじき行為である。 コトが大事になったのは、岡田監督がヤジに対して怒鳴ってしまったところ。 この時点で、わたしはファンに対して「あぁ、これで阪神の優勝は無くなったわ」と、こいつらにさじを投げた。 何もかも、情けなかった。 そして、その通りになってしまった。 残念だったが、まぁ、仕方ない。 あれだけのゲーム差をひっくり返した巨人、大したモンだ。 みんなは「まだ、クライマックスシリーズがある!」と期待をにじませている。 わたしにすれば、申し訳ないが選手には「楽しんでプレイして欲しい」と思っていた。 岡田監督最後の試合。 今日は帰りが遅く、夜8時半も過ぎてしまった。 まだ試合をやってるかと思っていたら、意外と呆気なかった。 テレビのアナウンサーは、淡々と語っていた。 「阪神は、岡田阪神は、今、幕を降ろしました」 何故か、この言葉、そしてこの呆気なさに、涙した。 胴上げされる岡田監督、そして最後まで戦い抜いた選手たち。 そして、最後まで鳴り止まぬオカダコール。 何故か、切なかった。 関西に、今宵静かな深秋が訪れた。


posted by T.Kiyomizu at 22:29 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。