2009年02月28日

驚愕!!あの大橋に響く謎の音楽♪

今の仕事がてら、わたくしはこの大橋を渡らなければ仕事になりません。
県内ではそういう方が多いのでは無いでしょうかねぇ。

滋賀県では無くてはならない大橋、琵琶湖大橋。

今や国道477号に位置づけられてはいるものの、未だに普通車200円を徴収する、弱みを握る大橋のひとつであります。
とはいう、その大橋の南にある近江大橋は、以前真近くに位置するイオンモール草津が大橋を買収するのでは?というウワサがたちましたが、結局は都市伝説で終わってしまい、それでも今年中には無料化になるようです。

そもそも、堅田に行くには、電車で行くよりも車でしょう。
電車だと…
JR琵琶湖線で山科まで向かい、そこで湖西線に乗り換える。
乗り換えはスムーズに行かず、待たされることも良くある話。
それに遠回りなので時間が掛かる。
ところが、車ならば、ダイレクトに大橋を使えば2,30分で楽に堅田に行くことが出来る。
守山駅からエコバスっていう近江・江若バス共同の路線があるみたいですが、何せ良い時間にバスがないので、使えない…

なんで、堅田に行く者、或いは堅田町民はこの大橋無くしては生活できないのでアリマス。

そんな橋に…事は、わたくしが仕事を終えて、堅田のTSUTAYAに行った時のコトでした。
運良く、今まで探していたCDがあったので、それをレンタルして、早速デュアリスくんで聴いてみようと、掛けてみて、懐かしんだものです。

(↑ハイそこ笑わない)


当時のゲーム世代じゃあ伝説の作品と言っても過言じゃないでしょう?
それを聴きながら、帰りしな、いざ大橋を普通に走っていたその時!!





!?

何やらタイヤが擦れる音に微妙ながらにメロディーを奏でるような、変な音がするんです。
ビックリして車線変更するクルマまで出るくらいです。
しかも、微妙にファミコン音源によ〜く似ているんで、さっきまで聴いていた音と微妙に重なるけど…違う!!
何ごとかと思い、(折角懐かしんでたのに)音を消して聞き入ると…

われ〜はぁ、う〜みぃの〜ぉこぉ〜♪

(♪琵琶湖周航の歌/加藤登紀子)
って自分で口ずさんじゃってるしぃ!!



話には聞いたことがあるんですが、まさか地元で聞けるとは思いませんで。
実は、北海道は標津町で試験的に導入された「メロディーロード」というものがその正体で、標津町では『知床旅情』が流れるんだそうです。
そもそも、メロディーロードとは…
・アスファルト舗装に深さ3〜6mm、幅6〜12mmの溝を掘り、溝と溝との間隔によって音階の発生や音域を、溝の幅によって音量の強弱を調整する。
・北海道標津郡標津町の建設会社篠田興業が、北海道立工業試験場と共同開発。特許出願中。2004年に標津町の町道に実験的に設置された。
・溝による路面抵抗や、制限速度通りに走ることにより丁度良いテンポでメロディが鳴るため、速度超過を抑制する効果もある。また、水はけも良好になる。しかし、メロディを聴くためには一定の速度で走る必要があることと、騒音発生源ともなりうることから、市街地での設置には適していない。
・制限速度が時速60kmの道路において長さ300mのメロディーロードを作った場合、制限速度に従って走行すれば約20秒間のメロディを聴くことが出来る。
メモWikipediaより引用

なんだそうです。
恐らく、試験的に琵琶湖大橋の守山方面への追い越し車線にのみ設置されているようで、しかしながら2月末現在では6小節くらいしか出来て居らず未完成の様子。
予想では4月には完成するのでは?と思います。

メロディーロードは、調べてみると北海道標津町の他に
和歌山県 国道370号線「見上げてごらん夜の星を」
群馬県沼田市(利根沼田望郷ライン)+新潟県魚沼市 国道342号線 「夏の思い出」
愛知県豊田市 国道257号線「どんぐりころころ」
群馬県高崎市 県道33号線 「静かな湖畔」
長野県茅野市 信州ビーナスロード 「スカボロー・フェア」
大分県竹田市 国道57号+国道502号 「荒城の月」 「花」

があるそうで、関西では和歌山県に次ぐ2例目、滋賀県では初の試みとなるようです。
ホントそうなの?と疑ってたり知りたいアナタ、200円(※)用意して堅田側から琵琶湖大橋を渡っておいで。
ついでにピエリに寄ればいいじゃない。
あ、追い越し車線(右)じゃないと鳴らないので、念のため。


(※軽自動車は150円)


posted by T.Kiyomizu at 19:00 | 滋賀 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日々どうでしょう
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ははあーん、なるほど、例の歌の正体はこれだったんですね。

(  ̄ー ̄)ノ◇ ザブトン1マイ
Posted by まっすー at 2009年07月10日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。