2009年02月18日

このお粗末、あなたなら貶す?怒る?笑ってあげる?

ここでこの記事を書くのはどうかと思いましたが……
これは一様に「大事件」です。
あのカブウイリー事件以上に。

ウイリー事件を起こしたのは、北海道の星と目されるスター・大泉洋先生。
この方は札幌市の隣に潜む(!?)江別市出身でございますが、今回の事件を起こした方は、その遙か東にある刑務所でお馴染みの網走市ご出身。
もうお分かりですね。
中川昭一元財務相兼金融担当相でございます。
言うまでもなく、この大事件は運悪くG7の記者会見場だったことが災いし、日本だけでなく、世界中で格好の的になってしまいました…

今日はたまたま休みだったのと、出かけようにも昨晩深酒しちゃったので酔いが取れず、暇つぶしにYoutube見てたら、人気の動画の大半がこの動画でした。
殆どが5桁を越える再生回数で、多い動画再生回数では30万回を上回る勢いだったらしく、その注目度が伺えます。それも全世界でです…

わたしとして、昨日までは特に言うことは無かったんですが、当初このニュースを見た時に「ろれつが回らないんじゃあ、ひょっとして脳の病気が進行しているのか?」とかなり心配してましたが、マスコミはそんなわたしを尻目に即「泥酔だ」と報じておりました。
確かに昔から酒癖は悪い人だったそうですが、あそこまで朦朧となるものか…と、ちょっと今日の自分を振り返ってみました。
頭がちょっと不安定なのと、そんなに眠くないけど目が重い…など。
こんなんでクルマを走らせたんなら、すぐ近くの壁にぶつけてしまいそうな感じだろうなと思い、今日はクルマをお休みさせ、買い物は歩いて行きましたが…ろれつが回らないほどの酔いではないです。

これは…人によりけりだと思いますが、日本の恥と罵る人も居れば、面白がって真似したりする人も居るでしょう。
ただ、やはりこれからの経済を担う大事な国際会議だっただけに、かなりイメージダウンになったことは否めません。
しかしながら、わたしは中川さんにはこのことに挫けずに乗り切って貰えたらなぁと思っております。
だから、にんわり笑ってあげようかなって。
誰とは言いませんが、自殺する議員もおられますし…
菅直人議員に似た感じでしょうから、是非とも罰として四国88ヶ所参りをして頂いて、一度悟りを開いて頂いてから復帰なさればと思います。
頭丸めなくてもいいですが、それくらいのお暇は必要かな?と。

中川さんが予算成立まで辞めなくても、恐らく成立はしないと思いますわ。
造反も今後沢山出てくるでしょうし、自民党にすりゃあ本当に改革する良い機会では?
自民党の行く先は「一寸先は闇」どころか道さえ見えない状態ですからねぇ。



タグ:中川昭一
posted by T.Kiyomizu at 23:18 | 滋賀 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | TopNews
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■T.Kiyomizu様

 結局やめちゃいましたね。私はあの会議のときなんだこれとは思いましたけど、風邪薬とアルコールの相互作用であれくらいになってもおかしくはないなと思いました。

 薬を服用してアルコールを微量でも摂取するとあんなふうになる可能性があります。まさか国際会議の演上前に深酒はしないでしょう。いくらなんでもそれくらいのデリカシーはありますよね。あれの原因が深酒だというならば自民党にはさっさと下野してもらいたいですが。
Posted by まっすー at 2009年02月21日 11:55
▼まっすー さま

結局、尾を引いてますなぁ。
わたしとしては実に腑に落ちないんですよ。結局あの人は何をしに行ったんだ?って。
聞けば、G7は日本を褒め称えられる場であったはずが、この騒ぎでおシャカになった上に、財務省の態度までもが取りだたされる羽目に。シティ株が1ドル台にまで落ちたっていうのに、何をしてるのか…今回も肝心の所が見えてこないし、マスコミもそういうところに踏み込まないという悪循環ばかりが見えてしまう情けなさに憤りを感じています。別に中川さんは四国に行けばいいんです(コラ)
Posted by T.Kiyomizu at 2009年02月21日 20:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。