2009年09月09日

T.Kiyomizuの夏休み【2】広島から海沿いを経て帰路へ

20090906_01.jpg

2009年9月6日
午前9時50分
広島県広島市
JR広島駅


9月になって18きっぷ2回分を使い切ってやろうという旅・第2弾です(第1弾はこちら)。
1日目は中国山地の中心を貫く感じで進みましたが、今回は海沿いを攻めていきます。
その中でも、初っ端にしてメインイベントであるのが、広島から三原に掛けて延びる「呉線」。よく似た感じで赤穂線もありますが、それ以上に海に面しており、オーシャンビューが楽しめることで有名な路線。
そこに、最近臨時快速として「瀬戸内マリンビュー」という列車が運行しているとの情報を得、折角初めて乗るんだったら良い列車で行きたいという思いもあり、乗ることになりました。
まず、時刻表で驚いたこと2つばかり。
まずひとつめ。
気動車!?
電化区間にもかかわらず、この路線に似合わず気動車で行くとのこと。まぁ改良する列車の事情があってのことでしょう。
そしてふたつめ。
指定席車両あり??
後で知った話、この快速には普通車1両と指定席車1両の計2両となっており、口コミでも「指定席は絶対に取っておいた方が得です!!」と押す方が多かったこともあり、昨日(9月5日)広島に着いたと同時にみどりの窓口にてダメもとで指定席券を尋ねてみたら、すんなりと「ありますよ」とのことでした。
しかもご親切に座席は何処が良いかまで聞いてくる対応ぶりに驚きました。しかし、前日とあってか海沿いの窓席は満席。しかたなく通路側の進行方向席をゲットいたしました。
端から「自由席で早く来て並んで待てばいいや」と思っていただけに、その余裕あってか、ホテルで朝食バイキングを存分に楽しむほどの余裕がございました。

◆第1ランナー
 呉線 臨時快速「瀬戸内マリンビュー」1号 8232D 三原行き

20090906_02.jpg

しばらくして、東方向からゆっくりゆっくり碧い車両がやって来たと思ったらそれでした。
列車が来る前にアナウンスはしきりに自由席と指定席の区分を説明しておりましたが、後にその強調する理由が分かりました。

20090906_03.jpg

これも後で気が付いたことですが、扉は各車両1つしか無いんですねぇ。改良されたとは言え、これには驚きました。
進行方向より前(2号車)が自由席、後ろ(1号車)が指定席車両です。トイレは2号車側でしたが、それも後で理由がありました。

20090906_04.jpg

自由席・指定席各車両とも外観はレトロを強調したデザインになっておりましたが、違いは何と言っても座席。白くてふわふわとした座り心地の良いソファーが山側にC型になって、まるで海を望むかのような姿勢にならざるを得ない格好に。当然海側の座席はデスクを真ん中に固定した、足下も広いスペースに。ただ窓側、出っ張りまでは外せずに少し座りにくくなってました。そういう意味では通路側の方がいいかな、と。網棚はなく、ドア付近にある荷物入れに入れる格好です。
わたくしが座った座席は窓側2名が姫路から来られた女性でこれから呉に観光するのだとか、もう1方はわたくしと同じ18きっぷを使い切るために広島から乗ったのだとか。車内は鉄道の話や広島の地方話で弾みました。

20090905.jpg

呉線に入るまでに、海田市で停車、その他にも扉は開かないけど数回停車。単線なので反対方向からの電車を待たなければなりません。
写真で見えるのは江田島。広島はこういう陸続きのような島が結構あります。

20090906_06.jpg

話し込んでいたら、あっという間に呉に到着。考えてみれば、呉までノンストップ(事実上はね)だったわけで。
女性2名はここでお別れ。入れ替わりで今度はお年を召されたご夫婦が窓側に相席となりました。
先ほどから一緒のご老人とこのご夫婦、実は共通点がありました。

20090906_08.jpg

実は進行方向向かって前方に、指定席とは別にソファーが5人分ほど設けてあり、さらにカウンターが4席設けてあります。
ただしこれは指定席券を持っている者だけに与えられる特権であり、自由席ではありません。
この列車は広から各駅停車に変わるため、途中で乗り込んできた客が間違えて座ってしまうケースが多く、そのたびに車掌さんがお断りをするシーンをよく見かけました。中には「そんなのしらねぇよ!!」って怒る一幕もありましたが…
ちゃんと見て下さいな。指定席車って書いてまっしゃろ?
ご老人とご夫婦は、以前この車両で同じ経験をしたことがあり、今回リベンジ(?)でしっかり指定席券をゲットして乗り込んだんだそうです。そりゃあ、わたくしだってひょっとしたら、自由席からお邪魔してたかも知れませんねぇ…

でも、それは510円払って指定席券をゲットできた者だけにしか味わえない至福の空間。
安いけど上品な心意気がありますが、昔はこれに加え車内販売もあったんだとか。
う〜ん、無くなって残念!!
20090906_07.jpg

20090906_09.jpg


20090906_10.jpg

呉線には、こうやってイラスト付きで駅を紹介しております。
画像は広から4駅先の「安浦」駅。
「はぐれ刑事純情派」を思い出すのはわたくしだけでしょうか?
安浦から先は色んな瀬戸内風景が眺められます。

20090906_11.jpg

牡蠣の養殖をやってる海辺。

20090906_12.jpg

この画像とは恐らく違うと思いますが、ご老人曰く「毒ガス島」と呼ばれた島があったそうです。今でも資料館があり、その時の様子などが閲覧できるそうですが…

20090906_13.jpg

遙か向こうに「しまなみ海道」が見えます。最近高速道路と橋が繋がり、全通したそうです。

20090906_14.jpg

三原に近づくに連れ、造船所があちこちで見受けられました。
マリンビューのカウンターから見たら、こんな感じ。

20090906_17.jpg

列車は約2時間半かけてようやく三原駅に到着です。
そんな時間掛かってるとは思えないくらい、楽しいひとときでした。

20090906_16.jpg

20090906_18.jpg

しかし、車内殆どの人と話を交わしたのは初めてで三原駅に到着して車両から降りる時、一人一人と握手を交わし別れの挨拶をするなんて今までに無い出来事でした。
皆さんそれぞれの旅程があり、ご夫婦は新幹線で帰路に、18きっぷ潰しのご老人は福山で福塩線と芸備線を乗り潰して広島に帰るんだそうです。色んな話をありがとうございました。

20090906_19.jpg

わたくしは一度改札を出て三原駅の外へ。

…新幹線の駅だってのに、閑散としてるのは、何故!?

【さて、そろそろ帰路に付きますか…】


posted by T.Kiyomizu at 23:34 | 滋賀 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 金曜どないやねん
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。