2009年07月11日

【サウリコ強化月間】絶対に癒される音楽を知らないまま、人々は21世紀に進んでしまった??

以前にこの方のエントリーをちょろっと紹介したのを覚えてらっしゃいますでしょうか?

PastralWaltz


竹村延和って方なんですが、知っている方はかなり少ないかと思います。
今は電子音源中心の方なんですが、当時はヒーリングサウンドというよりかは「α波サウンド」で癒しを求めていた時代……1994年に「Child’s View」というアルバムをリリースし、生音源(楽器)を忠実に操ることでその名を轟かせたことで知られ、その1曲が上記に挙げている「PastralWaltz」なわけです。
当時はこんな曲は見向きもしなかっただろうけど、2001年くらいの年代なら、竹村延和という名前も一躍時の人になったのかも知れないというほど、音質に長けている方と言えるでしょう。

要するに、リリースするに当たり時代は早すぎたけれども、その当時にしては脚光を浴びてもおかしくない人材だったということです。
私的には、この方が当時に脚光を浴びていれば、音楽シーンも小室一色に染まってなかったどころか、今とは違った別のイメージが作り出せたかも知れません。
ま、歴史はそんな感じでその一時を逃すだけでゼンゼン違ってくるもんなんですけどね。

密かに、わたくしは「いやぁ、惜しい人材を日本音楽シーンは逃してしまったなぁ〜、残念!!」と悔やんであげます。

そんなわたくしでさえ、そもそも、華麗なる金どな一族のakiraさんに教えて貰うまでは、この方の存在すら知り得ませんでしたから。
それに、このアルバム「Child’sView」はとっくに廃盤になっており、入手はかなり困難になっております。
今はamazonさん経由でやっとこさ海外で手に入れることが出来ましたが、今聴けば絶対新鮮に聞こえます。
それが15年以上前の作品だって思えば驚くのは当たり前でしょ?
いやぁ〜、日本の音楽業界は、偉大な人材を海外に放ってしまいました…。

【 とりあえず、わたくしの知っている竹村延和祭 と、プチトリビア  】


posted by T.Kiyomizu at 01:08 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | サウンドリコメンド
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

人と人との価値観の違いとは…U〜ま、コメントも悪くないですけどね〜


同じ題名の記事を今年の2月に書かせて頂きました。

今回はそんな記事の第2弾。
人と人との価値観の違いを見極める、もう一つの観点というところから。

前回の記事では、「自分の意見を突き通す前に、周りの意見も吟味した上で行動にすべし」と格言付けております。
まぁ、拙ながらよくまぁ言ったものだと思います。

ただ、そんなわたくしでも、今週の「勝手にスイッチでどうでしょう」みたく、ただ単に電車が立て続けに遅れまくっている、その理由が人身事故や車内トラブルなど、人様に関係なく自己不満の理由だけで周囲に迷惑を掛けていることに対して、(乗客全員の憤懣を含め)久しぶりに憤懣して書きつづったところを、多くの方々に叱咤頂きました。
大変有り難いモノでしたが、あえて掲載しませんでした。


それは投稿されたご自身がお考え下さいませ。


わたくし共が今吟味して居る「なぜ×5」を繰り返してその行き着く答えに至るまで。

わたくしは、最近のコメントがそれに行き着かないのが、非常に辛いところだと感じています。

コメントですから、その人が感じたことをそのまま答えればそれでいいわけですが、ただ単に感情論になってしまったり、下手すれば傷つけるような言葉にも成りかねない。
それを十分に吟味した上で、コメントを頂きたい。

もう、このブログに書いてあるとおりです。
「冷静で状況に応じ、でも笑顔で乗り越えましょう!!」

正直、掲載されていないコメント陣は、冷静に記事を吟味していないに等しかったと論じ、掲載を見送りました。


ブログを投稿している側は、その日のコトを日記調に淡々と述べる日も多少ありましょう。
それに対し、持論を求める方は其の前に、まず書き手の気持ちになった上で、コメントを求めるべきではないかと思います。

それが無くなれば、変な「ツッコミ」は無くなるのではないかな?とわたくし自身はそう思ってます。
ツッコミたくてしょうがないんだけれども、抑え処はあるはずです。
それが、今の皆様には少し足りてないのかな?と。

注意喚起は良いことですが、その改善策を講じないでただ単に批判するのは、ガキの使いと同じですからね。


もうそろそろ、大人なコメントを求めたいモノです。
それ以前に、わたくしも大人なエントリーをしなきゃいけないな…と反省すべき点は多々あります。
そこが、わたくしの悪いクセ。
まぁ、ただ、その正当で納得のいく大人なコメントを頂いたところで、「あぁ〜、そ、そお〜ですよねぇ〜っ」と項垂れるに過ぎませんが、ひょっとしたら、そこである意味快感を覚えるかも知れません。
人それぞれに価値感があるというのは、そういう意味においては良い意味を持つと思います。
ただ単に批判するだけでなく、「わたしならこうする」などという持論が、その人(すなわちわたくし自身)に十分納得しえるくらいの論理であるのであれば。

少なくともわたくしは、このブログでそんな人々に出会っております。

インターネットはお互いの顔を見ずに話やコメントが出来る長所があり、それが欠点でもあります。
でも、それをも乗り上げてオンラインで人と向き合う時に、あなたはコメントした人と同じ会話で話が出来るでしょうか?
そこのところを考えた上で、絵空事とは絶対に考えないであなたなりの発言をなさって下さい。


絶対に、あなたに関して、生活上為になるはずです。

わたくしも、感情論にならないエントリーを書くよう、今後慎むつもりですから。ただ……
posted by T.Kiyomizu at 23:50 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々どうでしょう
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

水曜どうでしょうのツボ(2009.07.08 on KBS京都さん)

7月7日にどうでしょう班・嬉野Dが50回目のお誕生日記念に優勝されました。
おめでとぉ〜ございます!!

【ひと言どうでしょうのツボ】

 おふたり 最高!

 おふたり 最高!

 さぁいきましょお 


 20090709dou_kbs1.jpg

▼大泉洋 / 「2000年onちゃんカレンダー」後編 より


【水曜どうでしょう関連リンク】
 ●BS朝日「水曜どうでしょうClassic」HP
 ※午後11時25分〜11時55分に変更
 ●「水曜どうでしょう」オフィシャルウェブサイト
 ●非公式ファンサイト「どうでしょうリミックス」

【  DVD第12弾予約間もなく&ついにやっちまった!!  】
posted by T.Kiyomizu at 21:34 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

【サウリコ強化月間】ぶっ飛高速チューンでえげつなくカッコイイビッグバンドを聴け!

20090708SR01.jpg


3rd

"BATTLE JAZZ BIG BAND" (アーティスト, 演奏),
則竹裕之 (演奏), エリック・ミヤシロ (演奏), 守屋純子 (演奏), 本田雅人 (演奏)



(2008/7/23)
ディスク枚数: 1
レーベル: BMG JAPAN Inc.(BMG)(M)






このアルバムに辿り着くまで、色んなジャズバンドを聴いてきましたが、自分自身が行き着く場所がようやく見つかった安堵感がありました。
わたくしはビッグバンド聴きたさに、色んなジャンルを聴きまくっていたような気がしますが、決してそれは遠回りだけれども悪いことではありませんでした。

前置きはこれくらいにしておいて、サウリコ強化月間として、自信を持ってオススメできるこの1枚。
まず、見てお分かりの通り、お世辞じゃなく、

ジャケットがカッコイイ!!

ド派手でカッコイイ、さらにスピード感溢れるビッグバンドを聞きたい方は是非、このアルバムをお聞き下さい。
まずは曲目。
名曲揃いでございます。誰もが一度は耳にしたはずの「A列車で行こう」をはじめ、JAZZナンバーではすっかりお馴染みの「チェックス・イン・ザ・メール」,「アップル・ハニー」など。
しかもそれらが最速チューンにアレンジされ、程良い爽快"速"感が味わえます。
ゲスト陣も日本を代表するJAZZフュージョン奏者が連ねてバトルをしでかします。まずは御存知日本フュージョンの大黒柱・Tスクエア元メンバー本田雅人,則竹裕之をはじめ、エリック・ミヤシロ、守屋純子という顔ぶれでございます。
それぞれ個性豊かでド派手に”超・新快速”に荒らしまくります。


 【曲目】

1,エクスプロージョン feat,則竹裕之 ( Matt Catingub )

2,テイク・ジ ”A” トレイン feat,エリック宮城 ( Billy Strayhorn / arr. Don Sebesky )

3,シンデレラズ・ワルツ feat,守屋純子 ( Don Menza )

4,チェックス・イン・ザ・メール ( Gordon Goodwin )

5,アップル・ハニー feat,守屋純子 ( Woody Herman / arr. Osamu Yoshida )

6,バラッド・フォー・ア・ラフ・イヤー feat,本田雅人 ( Frank Mantooth )

7,プレッシャー・クッカー ( Sammy Nestico )

8,オープン・ザ・ドア! feat,則竹裕之 ( Osamu Yoshida )



とは言え、わたくしはこのアルバムから聴き始めて唸り、然し原点に戻ります。
「でも待てよ?3rdってことわ……その前にもアルバムがあるんじゃねぇのか!?」
しっかりあるんですよ。
しかもこれが、1作目2作目共にオムニバスアルバムだったということに驚きました。

【  過去にリリースされたアルバム2枚と、次回作が間もなくリリース!!  】
posted by T.Kiyomizu at 19:00 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | サウンドリコメンド
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【サウリコ強化月間】追悼緊急特集 キング・オブ・ポップス・フォーエバー 〜これで終わりにしよう〜


世界中に多大なる影響を与えたキング・オブ・ポップス マイケルジャクソンを偲び、YouTubeに残されているPVを知る限りのタイトルで並べてみました。

【ジャクソン5】
 ▼ABC

もう誰もが知っている名曲。でも↓の曲とちょこっと似ているので、わたくしは少し混在することがあります。

 ▼I Want You Back RARE

出だしがABCと似ているのか、聴き方が間違っていたのか…
たまにビッグバンドでも演奏されていることがあるほどのこちらも名曲。

【ジャクソン5】(モータウン時代)
▼BEN(ベンのテーマ)(メキシコライブ映像)

世代によって唸る人とそうでない人とに分かれます。結構しっくり来ます。

【マイケルジャクソン】(Off The Wall)
 ▼Don't Stop Til You Get Enough(今夜はドント・ストップ)
(↓静止画)


えらくノリの良いサウンドに仕上がった逸作。わたくしは数年前に中間部分のみを聴きこれがマイケルジャクソンだって知ってビックリしました。

(PVはこちら)

【マイケルジャクソン】(Thriller)
 ▼Billie Jean

前回どこかのエントリーのライブ映像でムーンウォークを披露しているシーンがある、歌とダンスにかなり激しさを感じる一曲。

 ▼Beat it(今夜はビート・イット)
(※音量注意)


今朝「とくダネ」で追悼特集として一曲丸ごと放送しましたねぇ。このBeat itに然り、スリラーに然り、ここから「観て音楽を楽しむ時代…PVの到来」を感じ得ました。

 ▼THRILLER

もう何も言わなくて良いでしょう。
わたくしは今年の最初でしたっけ?ベストヒットUSA(BS朝日)の新春特集でスリラーを14分丸ごと観ましたが、映画ですね、あれは。
今でも破ることはほぼ困難な1億4百万枚を売り上げたギネス登録作品。
(本PVは14分ありますが、上動画は短縮版)

【マイケルジャクソン】(BAD)
▼BAD

当時は運動会の応援合戦などみんなこの振り付けをしてたんじゃなかろうか?と思うくらい、当時はマイケル旋風が物凄く、脳裏に焼き付いている一曲。

▼Man in the Mirror

良い曲なんですよ…
良い曲なんだけど、大泉先生がモノマネやっちゃって、変?なイメージになっちゃったのも一理あります(苦笑)

▼いつの間にか「応援歌」になっちゃった大泉洋「Man in the Mirror」

いかん…腹がねじれる……

【マイケルジャクソン】(Dangerous)
▼Black or White

当時は「ホームアローン」が流行ってた時なのかな?最初のPVが面白いですなぁ。
そうそう、我が滋賀の親善大使(?)も同タイトルの歌がありましたなぁ。

【マイケルジャクソン】(HIStory)
▼You Are Not Alone

後に色々あるんですけど、わたくしからはこの曲で締めちゃいます。
中で一番落ち着くバラードだとわたくしは思います。
こちらの動画はライブの上に中途半端で終わっちゃってます。
PVはこちら


日本時間8日未明に、アメリカで追悼式典が行われ、ほぼ全世界で共に祈りを捧げたそうです。
改めて世界中で愛されてたんだなぁと思い、その数々の功績を称えたいと同時に、哀悼の意を捧げたいと思います。

どうぞ、安らかに…


posted by T.Kiyomizu at 06:00 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | サウンドリコメンド
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

アノ名作、ついに最終章へ!!

20090707_nodame_startseite.jpg

……ハリポタと勘違いされた方、残念でした。
そちらではございません。
今年末に上映予定の「のだめカンタービレ THE MOVIE」でございます。
その映画で、何とあのウイーンの世界三大コンサートホールの一つである「(ウイーン)楽友協会」で初の映画ロケを行ったとの一報に驚きました!!

 女優・上野樹里(23)、俳優・玉木宏(29)が出演する人気ドラマを映画化した「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」(12月19日公開、武内英樹監督)の欧州ロケが、先月16日にクランクインした。このほど、オーストリア・ウィーンにある“世界三大コンサートホール”のひとつに挙げられる「楽友協会」で初の映画撮影が行われ、躍動した2人。200年近い歴史のある舞台に、玉木が日本人俳優として初めて上った。

 武者震いした。ウィーン国立歌劇場の音楽監督を務める世界的指揮者・小澤征爾さん(73)も立った大ホールの指揮台に、玉木が登壇。八王子市民会館、サントリーホールで指揮した思い入れの強い楽曲「ベートーベン交響曲第7番」でタクトを振った。

 日本人俳優として初の快挙に「立った瞬間に、歴史の重みを感じた」と玉木も興奮気味。「ベートーベンやモーツァルト、音楽家にゆかりのある場所、まして200年近く歴史のある場所で指揮を振れる。楽しみつつ、緊張感を持ちつつやっている」と喜びをかみ締めた。

 「黄金のホール」と称される同ホールは、毎年1月1日にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団がニューイヤーコンサートを行い、その模様が全世界に生中継されることで知られる。会場スケジュールは2年先までギッシリ。昨冬からキャンセル待ちだったが、製作チームの粘り強い交渉が実り、撮影が実現した。
メモYahoo!Newsスポーツ報知 7/7付


確かこのホールの演奏を、この記事にも書いてある小澤征爾さんの指揮で、物凄く煌びやかなコンサートホールだと感動したのを記憶しております。
ま、大ホールはその名も「黄金ホール」と呼ばれるほど、その煌びやかさは人々を圧倒させられるほどのもの。

で、さらに驚いたのは、のだめカンタービレが、映画と同時に連載中の漫画もほぼ連載を終了するということでした。
しばらく続くと思ってましたが、どうやら作者の二ノ宮知子さんが急病で連載がストップしたという話も聞き、少し心配はしておりました。

しかし、本当によくこんな本場でのロケが実現できたと、スタッフの底力には驚かされるばかりです。
フジテレビの若松央樹プロデューサーは、「2年先まで予約でいっぱいと断られたが、突然1日だけキャンセルが出て。リハーサルを見て涙が出た」と感慨深げだったようです。

さて、最終章はどんなドラマが展開されるのか…
気になる映画は前編後編に分かれ、前編は12月19日公開後編は年が明けた2010年春の予定だそうです。
果たして、わたくしは年内にこの映画を観る事が出来るのか!?
この微妙な公開日、わたくしは年明けに観る事になるやも知れませんねぇ……
ま、ともあれ楽しみにしております!!


【サウリコ強化月間】のだめカンタービレ・アンソロジーと、ちょこっと雑談                                  _
posted by T.Kiyomizu at 20:22 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | サウンドリコメンド
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

勝手にスイッチでどうでしょう【41】電車飛び込み自殺撲滅強化スイッチ!!

20090706jr01.jpg

(↑今朝の某線K駅改札口前。自殺不通でホームにすら入れません)


先週土曜日に"AVANTI"のコトでエントリーしましたが、6月の話で印象深い話があったんで、紹介しておきます。
聞き耳を立てられる側はRAG FAIRの土屋礼央さんで、この方何とダイヤグラムを見るのが趣味なんだそうです。
わたくしも「鉄道ダイヤ」の月刊誌を見た事はありますが、イマイチぴんと来ませんでした。主に臨時便を載せているらしいのですが…
で、土屋さんの話は「鉄道会社は自分の儲けよりも鉄道を利用している人のためにという理念がどこにも存在する」というもの。
その例に、井の頭線のお話をされました。
「以前、井の頭線の吉祥寺・渋谷間が190円から210円に値上げし、しばらくしたらまた190円に戻っていた。不思議に思ってポスターを読んだら、どうも最初の値上げは渋谷駅の改装工事費用を捻出するためで、その費用が見積もりよりも安く済んだので値下げをした、とのことだった」
会社自体、普通はその儲けは会社のモノってなりがちですが、でも鉄道会社はそうではないんですよね。
で、土屋さんはそれがダイヤ改正にも現れてるんじゃないの?って気が付いたんだそうです。
その理論は「急行が1本増えればお父さんが愛する家族のもとへ早く帰れる。深夜に1本増発すればバーでもう1杯飲める。電車に乗る人なんてそんなに増えたり減ったりしないのに、鉄道会社がそんな努力をするのは優しさの現れ」
例として、あれだけ隙間なく走っている山手線もATC(自動列車制御装置)がATS(自動列車停止装置)に進化したお陰で、1時間に最大24本走っていたのが25本に増えたということですが、「これは本当に驚くべき努力なんだ」と土屋さんは仰ってました。
そりゃあ、今までどうやっても24本だっていう国鉄の理論をはねのけて、1本増やしちゃったんですからね。
ちなみに、山手線の1周も1〜2分短縮されてぴったり60分になったのも事実。
(現在はD−ATC(デジタル自動列車制御装置)に改良され、地上装置から列車が止まるべき場所を列車に送信し、車上装置では列車の現在地を把握した上で最適な速度及び速度パターンを車上装置が持つデータベースの中から検索・表示するようになった。これによって山手線1周が59分に短縮されたとのこと。)

土屋さんは最後に「これもすごく大事な事なので、駆け込み乗車はやめて欲しいと軽く釘を刺してます。
ま、駆け込み乗車もタブーではありますが、まず第一に、
飛び込んで電車止めるのもやめようや。
せ、先週散々とぱっちり喰らった挙げ句に、今朝M駅で飛び込みやがったせいで出勤1時間以上遅れたとぱっちりからじゃないんだからっ!!
20090706jr02.jpg





【勝手にスイッチとは】
公式版「日本のスイッチ」は、平成20年9月末をもって終了しました。「勝手にスイッチ」は、『日ス輪』主宰・atsu様が勝手に出題している日本のスイッチ引継ぎ企画です。毎日新聞社とは一切関係ありません。なお、携帯電話からの参加もできませんのでご了承下さい。
日ス輪(=「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪)については、「atsuのB級ニュース批評」をご覧下さい。会員メンバーは当ブログ左サイドにも掲載しております。その他、会員規約等についてはこちらをご確認下さい。




【  今週のスイッチはこちら + お知らせ  】                                                        _
posted by T.Kiyomizu at 22:00 | 滋賀 ☁ | Comment(2) | TrackBack(6) | 勝手にスイッチ
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

チャクリキ・リベンジ!

20090705chaku01.jpg

2009年 7月 5日
午前11時
西紀サービスエリア

午後には天気が暗転するだろうと予想されているこの時期。
ふと、この男はあるコトを今頃思い起こしやがりました。
思い起こす事今年初旬。
城崎に行って温泉に浸かった後、有る方に教えて頂いたつけ麺の有名店に行ったら何と!

「臨時休業」

泣く泣く敦賀まで走ったのは、言うまでもありません(苦笑)
(「デュアリスくんと、城崎へ(最終章)」より)

そして、半年……
これじゃあ、教えて貰った人にも悪いわなと、今更では何ですが、リベンジと如く、デュアリスくんを走らせております。
で、何で西紀SAなのか?
実は今回行きは高速道路で向かい、帰りはゆっくり下道で帰ろうというもの。
このサービスエリア、犬が多いなぁと思っていたら、飼い犬と遊べるスペースがあることで有名なサービスエリアなんだとか。
ダルメシアンがこっち見て猛ダッシュしてきた時「うわ、殺やれる!!」と脅威を覚えました(笑・飼い主さんがかなり謝って下さいましたのでヨシとします)。

まぁ、そんなこんなで、せっかく丹波まで来たんだったら…

よからぬコトをフッと考え、福知山ICで降りればいいものを、このバカは春日ICで降りたあげくに遠阪峠を越え、小坂峠というえげつない険道を駆使して……

20090705chaku00.jpg


またしても但熊に来てしまいました!!
はい、もうこのブログにお越しになられている方なら御存知、たまごかけごはん専門店でございます。
また行く前に、たまごかけごはんを食べるのか?と仰せでしょうが、いえいえ。
今回はたまごのみを買い求めに来たのであります。
但熊の隣の店では、たまごは勿論、ここで採れたお野菜やお米も販売しております。
たまご17個入りで300円。
たまごかけに必要な醤油なども種類色々揃っております。
たまごかけごはんが急に食べたくなったアナタ、ぜひお越しを。


さて、たまごも買った事だし、丁度小腹も減ってきたから、リベンジと行きますか。

【チャクリキ・リベンジ成るか!?】
posted by T.Kiyomizu at 21:59 | 滋賀 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 金曜どないやねん
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

【サウリコ強化月間】アヴァンティからセレクトアルバムをリコメンド

20090704rosso.jpg20090704verde.jpg


以前からよく聞いているFMの番組で、土曜日の夕方と言えば「アヴァンティ」っていう人がいたので、試しに聞いてみたらこれがまた面白いこと。
ついつい聞き入ってしまいます。
わたくしはバーなんてあんまり行った事はないんですが、サントリーの「BAR−NAVI」を見ていたら、都心でもそんなに高くない値段設定で色んなお酒が飲めるバーがかなり多い事を知りました。
最近ジャズファンクにはまっているんですが、たまにはこういうお酒に合うスタイルのジャズを聴くのもいいかなぁと思います。
それが、この番組「アヴァンティ」だったりしますが。

で、いつの間にかそのアヴァンティのバーテンダー・スタンがチョイスしたアルバムが2本も出ちゃっている事をつい最近知りました。
全てアヴァンティで掛かっていたジャズスタンダードで、スタンが好きなんでしょうか、ボーカル曲が殆どという選りすぐり。
「ロッソ」と「ヴェルデ」に分けられている理由は、単にリリースされているレコード会社が違うと言うだけ…なんでしょうか?
(ロッソ=ソニーミュージック,ヴェルデ=ユニヴァーサル・ミュージック)

とは言え、選ばれたアーティスト陣も強者揃いでございます。
「ロッソ」では「Show Me」のアンディ・ウイリアムズなど、ドリス・デイなんかは2曲もリコメンドされております。
「ヴェルデ」はあんまり知っているアーティストは居ませんでしたが、「Teach Me Tonight / Sammy Davis-Count Basie」は良い曲に思えました。

他にもアルバムが2枚、そしてカクテル本が2冊出されているそうです。ま、まずは番組をお聞きになって、お気に召しましたらWebを見て頂いて、さらに気に入りましたらわたくしのようにご購入なさってみては如何でしょうか。
ちなみに元麻布にはアヴァンティは無い…と思います。多分。
あってほしいんですけどねぇ、だいたい麻布をどこか知らないんですから、わたくし。





Suntory SaturdayWaitingBar "AVANTI"
 ▼全国JFN系列放送 毎週土曜日 午後5時〜
 (Air−G(北海道),E−radio(滋賀)など、放送地域はTFMHPでご確認を)
 ■公式Webサイト



【曲目一覧】
posted by T.Kiyomizu at 19:10 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サウンドリコメンド
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

水曜どうでしょうのツボ(2009.07.01 on KBS京都さん)

さてさて、どうでしょう藩主にお待ちかねの特報が発表されましたよ!

『水曜どうでしょう全集DVD第12弾』
●主な企画内容
 「香港大観光旅行」+α
 「門別沖釣りバカ対決」
 「北極圏突入〜アラスカ半島620マイル」

●発売日(受渡開始)
 2009年10月28日(水)午前0時
●予約開始日
 2009年 7月15日(水)
●ローソンロッピー端末商品番号
 301779(三十路いななく!)

2週間後に、ローソン屋敷への予約討ち入りにて、お会いしましょう♪

【ひと言どうでしょうのツボ】

 僕は onちゃんが

 怒ったのを

 初めて見ました


 20090701dou_kbs.jpg

▼大泉洋 / 「2000年onちゃんカレンダー」第1夜 より


【水曜どうでしょう関連リンク】
 ●BS朝日「水曜どうでしょうClassic」HP
 ※午後11時25分〜11時55分に変更
 ●「水曜どうでしょう」オフィシャルウェブサイト
 ●非公式ファンサイト「どうでしょうリミックス」

しつこく、しつこく………
posted by T.Kiyomizu at 21:34 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 水曜どうでしょう
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。