2009年05月13日

子供を見ない親はふと他人に成り下がる


言いたくはないんですけどね、
たまに居るんですわ。そういう親が。

運転中でもそう。
助手席に子供を乗せているのにもかかわらず、あまりにも乱暴な割り込みや信号無視をかます女性。注意するものなら、相手をギッと睨み付けて自分が正当であるかのように見せかける素振り。まるで反省すらしやしない。
しかし、助手席には子供が「何で怒られてるの?」って不思議な顔で見てる。
それでも親は言及しない。
ずっと口を噤んだまま。
そりゃそうだ。反省する意志もないのに子供に理由なんか言えるわけがない。

そういう光景を、GWによぉ〜く見かけましたわ。
子供が見ている前で自分勝手な行為に走るバカ親ってのを…
ある意味、子供が堂々たる真似をしなければなぁと思ってますよ。
だって、子供は親を見て育つって言うけど、それは本当の事ですから。
まさに今日、それを目の当たりにした時はさすがに凹みましたがね。


いつも通りの帰り道。
大通りを渡る際に信号のある交差点じゃないと渡れないので、そこまで歩いて行きますが、まずあり得ない光景として、自転車の親子で信号無視をかますこの光景。
もうとっくに信号は赤に変わっているにもかかわらず、堂々としたモンです。
しかも、後ろの子供はマクドナルドの袋を持ち、何かを食べながら自転車を漕ぐ。
親は素知らぬ顔。
おいおいおい、危ねぇって……
しばらく同じ道を、遅い速度の親子の後ろを歩いていると、次の瞬間!

ポイッ


うん?何か捨てたぞ??
見るとマクドナルドのアップルパイの包み紙。
しかも堂々と後ろに放り投げたぞこのガキ…
さらに、多少気になったのか、後ろ振り返る。
だったら端から捨てるなよ?と言わずに苦笑いを送る。

ところが、この後わたくしはブチギレます。


posted by T.Kiyomizu at 21:12 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日々どうでしょう
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。