2009年02月04日

デュアリスくんと、東京へ−第7章−

(第6章のあらすじ)
東京から、湘南の海を見に行こうとatsuさんと水尾。さん両名を乗せたデュアリスくん。
レインボーブリッジ・お台場、東京湾岸を経由して横浜の海岸沿いに到達。
逗子に到着後、本来なら左折して有料道路を経由するはずが、話が弾んでしまい曲がらず直進。そのまま横須賀方面に向かってしまったのである。

2009年 1月27日
正午
神奈川県横須賀市田浦町
国道16号で横須賀市街に向かう

いやいやいや。
いきなり進路を間違えちゃいました。
さぁどうする?

Uターン場所を探すのに必死なわたくしに、atsuさんがさらっと、
「それなら、三笠公園に行きません?」
と助言。
そもそも、その三笠公園がどこにあるのかも分からなかったのですが、今のナビは本当に優秀で、地図を簡単にドラッグするだけで、あら簡単に表示しましたよ。
横須賀の米軍基地すぐ隣に位置するその「三笠公園」とは、日露戦争で活躍した戦艦「三笠」が保存されている公園でして、名前には聞いたことのあるもの。
早速ナビで目的地に選び、そのまま国道16号を南へ。
厳重警戒の米軍基地を横切り、近くの駐車場でデュアリスくんを駐めて公園へ。

20090126yoko1
[↑三笠公園。後方は戦艦三笠と東郷平八郎像]

20090126yoko2
[↑戦艦三笠。今は岸壁に埋め込められてます…]

20090126yoko3
[↑戦艦三笠の副砲。実際に動くものもありました]

20090126yoko5
[↑戦艦三笠の主砲。大きさからして、動いた時の迫力ったら凄いんでしょうなぁ…]

20090126yoko4
[↑後光に照らされる三笠も結構良い感じです]

わたくし、正直歴史には疎い方なんですが、結構事詳しく資料等が並んでおり、知らなかったわたくしですら納得のいくものでした。特に東郷平八郎や多くの艦隊の生涯を綴っている艦内に感動した次第です。それに艦内の広いこと…。外から見た感覚と全然違いました。
これだけしっかり保存されている戦艦も珍しいですねぇ。お二人には解説付きで楽しませてくれました。水尾。さんが副砲を構えた時には「何ごと!?」と驚いたもんです。
お二人が案内されなかったら、多分行かなかったであろうスポット。いやぁ良かったですなぁ。


そんなこんなで、すっかり寄り道をしていたらことのほか時間を忘れてしまい、もう2時。
湘南海岸へ行きましょう。
【湘南海岸はぁ、こっちだぁ!!】


posted by T.Kiyomizu at 19:00 | 滋賀 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 金曜どないやねん
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。