2009年01月19日

勝手にスイッチでどうでしょう(17)

現在わたくし、新しい職場に向かうのに、四苦八苦していることがあります。 それは、。 自然の猛威をまざまざと見せつけられるこの冬一番の見せ所(あほ)。 おかげさまで、わたしの新・愛車「デュアリス」くんもケツ振る勢い(待て)。 あの琵琶湖大橋で滑るんじゃないの?って思う度にゾッとします。 しかし、さすがは永年有料道路!凍った試しがございません。今のところは。 ただ、凍るのは何も路面だけではありません。 フロントガラスが凍るのが一番イヤ!! 毎朝、震えながらお湯を注ぐこの辛さ… 冬よ、早く去ね!! 今週は何とか寒さは凌げるらしいですけどね。 皆さんは冬、好きですか?
【勝手にスイッチとは】 公式版「日本のスイッチ」は、平成20年9月末をもって終了しました。「勝手にスイッチ」は、『日ス輪』主宰・atsu様が勝手に出題している日本のスイッチ引継ぎ企画です。毎日新聞社とは一切関係ありません。なお、携帯電話からの参加もできませんのでご了承下さい。 日ス輪(=「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪)については、「atsuのB級ニュース批評」をご覧下さい。会員メンバーは当ブログ左サイドにも掲載しております。その他、会員規約等についてはこちらをご確認下さい。

■問1.製造業への労働者派遣は、即刻禁止すべきと   思う   思わない

まずは、能なし役人を叩きのめしましょう。 経営者側も自分らの身のことばかり気にしてばかりで情けないばかりですなぁ。

■問2.新成人の85.2%が、「お金無いと結婚ムリ」と言ってます   もっともだ   覇気なさすぎ

ま、わたしもそろそろ身を固めなきゃいけない歳ですからねぇ…。

■問3.小倉智昭の「星が買えたらいいのにね」発言は   角界を侮辱する問題発言だ   ただの軽い冗談だ

HAHAHAHAHAHAHAHA!!!! 相撲協会も人一人に対してえらい本気モードでらっしゃいますなぁ。これが日本由縁の国技たる大御所の態度とは、ちゃんちゃらおかしい話でございます。逆に、この程度の発言で本性をさらけ出したということは、嘘が誠ってことやも知れない、八百長の疑惑をさらに自ら傷を広めたことになりやせんかぁ?ほんと、つくづくちゃんちゃらおかしい話だ!!山田くん、相撲協会の座布団、全部持って行きな!!(爆)

■問4.襲撃事件をさっそくネタにする中田カウスは   さすが芸人   緊張感なさすぎ

芸人魂は、例え親族が死のうとも、自らが痛い目に遭おうとも、客の笑いのために舞台に立つもの…。有名役者がそないなコトを申しておりましたなぁ。ま、彼らを含め、黒いウワサがあるのは仕方ないかも知れません。

■問5.裁判の傍聴に行って、遺体写真まで見せられたら   身を乗り出して見ちゃいそう   目を背けちゃいそう

検察はありとあらゆる手法で裁判員に訴えかけることでしょう。それが是か非かは裁判員にかけられているわけですが、当然(?)暴力団も裁判員になれるらしいですわ。関係ないかも知れないけど。

■問6.私の周囲(自分含む)に、レーザーディスクを所有していた人が   いました   いません

今は亡き叔父が持っておりました。スタートレックが大好きな方でして、殆ど持っておられたようです。けど、形見にSONYのオープンリール型カセットデッキを頂きました。何故か録音できないんですけどねぇ……何でだろ?アンプかな??

■問7.クライスラーが、日産にジープを売却するかも   ふーん、まあいいんじゃない?   いやいや、ジープといったら三菱だろ常考

今尚日産ユーザーであるわたしとしては、「別に」ですが何か。 というか、三菱もかなり腰が引けたのかも知れませんねぇ。パジェロを凌ぐRV車が、ひょっとしたら日産から出るかもデスヨ!! あ、水尾。さんが「自動車ショー歌」歌ってるカモ??(だって社名が2つもあるもん)

■問8.110番または119番通報をした経験が   あります   ないです

少し長くなりますよぉ〜っ。 時は一昨年末の雨が雪に変わった瞬間の祖父の葬式中のこと。 バタバタしていたらしく、少し狭くなった祖父の家の納戸の上にあった大きな懐中電灯が、事もあろうにおかん(母親)の頭上に落下。 その時は少し出血していたものの、大丈夫だったらしく、そのまま葬式がスタートしたのですが… しばらく経って、正座し続けて痛い中、横で手招きをする親族の方が。 何事かと思ってその場に行くと、大丈夫だったはずのおかんがその場にぶっ倒れておりました。 おまけに、痙攣までしてやがる… 頭だし、おまけに意識が無いもんだから、これはマズイと、葬式の場を壊すまいと静かに裏に向かい119番を。自分の車で病院まで送っても良かったんだけれど、頭は固定しないとマズイだろうし、ならば自分の車では無理と判断。救急車の手配に、わざわざ今日葬式の本人の名前を搬送場所に指定し、「葬式の最中なんで、家の前でサイレン消して頂けます?」というくらいかなり冷静だったそうです(後で聞いた話ですけどね)。 父親は親族なので、一緒に出るわけにも行かず、おかんの叔母が救急車に乗り、結局わたしが救急車の後を追ってクルマで向かうことに(救急車だから、信号で速効置いてかれました…)。 おかん側の祖母には内緒にする手はずだったのに、どういうワケかバレてしまい、仏壇の前で祈りまくったそうです。「おかんまで道連れにせなんでおくれやっしゃ」って。 よくよく考えたら、わたしの父母の実家の町には救急医療施設がなく、その先の生まれ故郷・敦賀まで行かなければいけないことに気が付きました。30分ほどで病院に着き、精密検査を受けて結果は「異常なし」。そらそうだ。軽い貧血だもの。 病院内で携帯に親族からガンガン掛かってくるので、対処に困りました。だって病院の近くは電波が弱いんだもの… かなりお騒がせした罰に、あちきはおかんに1日実家に泊まるよう説得し、自分だけさっさと帰りました。 この事件をあちきなりに『じさまの葬式悪あがき事件』と命名し、事の顛末を神様になったじさまに当てつけましたが、今のところ祟りなどありません。今や我が親族の軽い笑い話にしかなりませんで。 じさまぁ、正直冗談悪いわ……何が日本刀持って「昭和魂」だよ(笑) ただ、救急隊の方に聞けば、葬式にこういうことは「良くある話」なんだそうです。 お気をつけ下さい。 では、寒中お体にお気を付けて。


posted by T.Kiyomizu at 23:11 | 滋賀 ☁ | Comment(0) | TrackBack(5) | 勝手にスイッチでどうでしょう
 最後までお読み頂きありがとうございます。
blogram投票ボタン←この記事がよろしければ、こちらのボタンをお押し下さい。
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。